日記

33歳のブルース・ハープ・デビュー

marine_band.jpg

33歳になって初めてブルース・ハープを購入した。

もちろんモーツァルト生誕250周年を記念してのこと……というのは嘘です。

それはごくごく個人的な「きっかけ」があり、「フラストレーション」が生まれ、過去の「教訓」を活かしての選択を行った結果だ。

一、もうすぐ11ヶ月になる娘の南実に子供用のおもちゃのハーモニカを買い与えたのがそもそもの【きっかけ】だ。 実際に南実が手にする前に、どうすると音を出して遊べるのか、親として実演するうちに、なんだか楽しくなってきたのだ。

一、 とはいえ、実演すると言っても、子供用のハーモニカに口をつけて演奏することはできない。なぜなら、虫歯の原因菌のある大人の唾液がハーモニカに付着すると、南実の口の中に入り、彼女の虫歯を引き起こす可能性が大きくなる、という説明を奥さんから受けているからだ。 口を近づけても実際に吹けないとなると、なんだか【フラストレーション】を感じる。そこで、自分用のものを購入しようと思い立ったのだ。

 


一.最後に、過去の経験からのちょっとした【教訓】から、これから楽器を始めるなら手軽に持ち運べて、練習場所を選ばないようなものにしようと思っていた。それは過去にちょっとした失敗があったからだ。僕はジャズが好きだ。それが高じて、サン・ディエゴ留学時代に中古のアルト・サックスを買って練習していた。アパートの地下駐車場やホームステイ先の庭などが練習場だった。頼まれればちょっとしたホーム・パーティーで演奏するくらいにはなっていたのだが、日本に帰国してからは練習する場所を見つけられなくて、サックスはケースに入れっぱなしの状態になっている。 ゆえに、今度は練習場所を選ばない楽器を選ぼうと思っていて、ブルース・ハープならアパート暮らしでも近所に迷惑を掛けることもないだろうし、長くつき合えそうだと思ったからだ。

  そこで、仕事が退けた後、池袋の楽器屋に行ってホーナーのブルース・ハープ「マリン・バンド」と初心者向けの教本を購入してきた。

[amazonjs asin=”B002F1UYO4″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”HOHNER Marine Band 1896/20 C クラシック 10ホールハーモニカ”]

しばらくは基礎中の基礎のメジャー・スケールを確実にするための練習に集中しなければならない。それでも、新しいことを始めるのはいつも楽しいし、わくわくするものだ。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 日記

    ユーザーの数だけ”究極の手帳”がある

     この時期、来年に向けて新しい手帳が気になっている人も多いでしょう。…

  2. 日記

    仕事帰りにインド料理

    学校の帰りに(こう書くとまだ学生みたいだが)、まだ行ったことの無かった…

  3. ストーリー思考

    WebマガジンCAZANAで連載スタートしました!

    次世代サラリーマンたちの働く未来を考えるWebマガジンCAZANAで連…

  4. 日記

    感謝の気持ちを素直に表現できますか?

    感謝の気持ちを素直に表現することは大切です。 (さらに……

  5. 日記

    キッチン・キャビネット

      旧居が備え付け家具の宝庫だったので、ごく普通の部屋に住むようになっ…

  6. 日記

    ファヒータ(メキシコ料理)を約10年ぶりにつくってみました!

    今回、はじめてメキシコ料理のファヒータを日本でつくってみました。…

コメント

    • YutaTsukaoka
    • 2006年 8月 05日

    お!いいですね。
    実はブルースハープをやっていました。友達と二人で、ブルースのユニットを組んで。
    僕が愛用していたのが、ちょうど阿久沢さんと同じ、マリン・バンドでした。パワーがあっていいハープだと思います。
    これで、藝祭では阿久沢さんの演奏が聴けるのでしょうか ??

    • akuzawa
    • 2006年 8月 06日

    確かに、思っていたよりいい音がするね。
    現在のところ、聖者の行進だとかロッキーのテーマといった簡単なものは吹けるようになってきました。
    僕はゆっくりと修行することにします。
    忘れていた感覚だけれど、
    楽器を演奏するのってなかなか
    楽しいね。
    塚岡君は
    ユニットを組んでいたというのなら
    相当なものでしょう。
    誰か誘って藝祭のステージに
    出てみてはどうですか?
    四畳半即席バンドとかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    母校の名前が
  2. 研究

    人事担当者の未来は明るい?それとも? 今後の人事に求められる機能と役割とは
  3. イギリス大学院留学

    テレビが到着
  4. ストーリー思考

    七夕は日本だけの行事? 実は○○がルーツ!
  5. デザイン

    あえて不親切に情報を提示する戦略
PAGE TOP