読書と出版

『ニチゲー力』

ニチゲー力―日大芸術学部とは何か
山下 聖美
三修社 (2006/07)
売り上げランキング: 239632

勤務先の上司の山下聖美さんが『ニチゲー力(にちげーりょく)』を出版した。

僕も卒業し、現在の勤務先でもある日本大学芸術学部。

いわゆる「日芸」が芸能人・クリエイター・ジャーナリストそして芸術家を多数輩出していることはよく知られているし、メディアでもささやかれている。

しかしながら、真っ正面からその内実に迫り、一冊の本にしたのは本書が初めてのはず。


 
活躍中の卒業生たちや、教授や学部長などに果敢にインタビューし多くの生の声を収録。それだけでなく、過去のメディア言説や、現在行われている特徴ある授業の紹介、日本のサブカルチャーの発信地として、在学生の生態など日芸を多角的にスピーディーに分析し、論じている。

日芸受験を考えている高校生や浪人生、日芸在学生、卒業生といった関係者でなくとも十分楽しめる内容になっているはず。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 読書と出版

    読書を通して得た「なるほど」を実践できていますか?

    本を読んでいると、「なるほど」と思う瞬間があなたもきっとありますよね。…

  2. 読書と出版

    「江古田文学」70号  [文化考現論] 連載 第7回

    江古田文学 70号が発売となりました。 (さらに&hellip…

  3. 読書と出版

    『文化と芸術表象』

    『文化と芸術表象』渡邉守章・渡邉保・浅田彰(放送大学教育振興会,200…

  4. 読書と出版

    江古田文学 67号

    2008年3月15日 発行の江古田文学 67号。特集「名無しの才能」の…

  5. 読書と出版

    『ブランド戦国時代』

    イメージ文化を理解する上で、その中核を担っているといっても過言ではない…

  6. 読書と出版

    『闇の王子ディズニー』

    マーク・エリオット『闇の王子ディズニー(上・下)』(古賀林幸訳、草思社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ライフハック

    【Producteev】googleのヘビーユーザーにオススメのTo Do リス…
  2. 日記

    耐震偽装問題に見る報道被害
  3. 日記

    気を抜けない
  4. 広報・PR

    会社案内を制作しました
  5. デザイン

    ベストデジタルデザイナー国際招待展
PAGE TOP