読書と出版

『ニチゲー力』

ニチゲー力―日大芸術学部とは何か
山下 聖美
三修社 (2006/07)
売り上げランキング: 239632

勤務先の上司の山下聖美さんが『ニチゲー力(にちげーりょく)』を出版した。

僕も卒業し、現在の勤務先でもある日本大学芸術学部。

いわゆる「日芸」が芸能人・クリエイター・ジャーナリストそして芸術家を多数輩出していることはよく知られているし、メディアでもささやかれている。

しかしながら、真っ正面からその内実に迫り、一冊の本にしたのは本書が初めてのはず。


 
活躍中の卒業生たちや、教授や学部長などに果敢にインタビューし多くの生の声を収録。それだけでなく、過去のメディア言説や、現在行われている特徴ある授業の紹介、日本のサブカルチャーの発信地として、在学生の生態など日芸を多角的にスピーディーに分析し、論じている。

日芸受験を考えている高校生や浪人生、日芸在学生、卒業生といった関係者でなくとも十分楽しめる内容になっているはず。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 読書と出版

    ヒトラー暗殺計画とスパイ戦争

      『ヒトラー暗殺計画とスパイ戦争』 ジョン H.ウォラー (著)…

  2. 読書と出版

    不透明な時代を読み解くためのバイブル 秋山隆平 『情報大爆発』

    あなたは、現在の不透明な経済・社会状況を展望するためのパラダイムを手…

  3. 読書と出版

    Japanese Sentence Patterns Training Bookシリーズを動画で紹介…

    Udon Classroomという日本語学習者向けYou tubeチャ…

  4. 読書と出版

    『行列のできるメルマガ作成入門』

    高橋浩子『行列のできるメルマガ作成入門』(翔泳社、2004)を読んだ。…

  5. 読書と出版

    『下流社会』

    三浦展『下流社会』(光文社新書、2005年)を読んだ。 日本社会の若…

  6. 読書と出版

    佐々木俊尚著『グーグル』

    グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (50…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    結婚記念日を新宿Hamasakiで
  2. ストーリー思考

    生活者を消費ステージに呼びこむストーリーのチカラ
  3. 連載

    ロミオとジュリエット効果の活用-共通の敵を設定し仲間意識を高める-
  4. 日記

    友の死を悼む
  5. お役立ちサイト/サービス

    気軽にビジュアルコンテンツが作れるキュレーションサービスStorify(ストーリ…
PAGE TOP