研究

波多野哲朗先生の講演

hatano.jpg
第17回 日本大学芸術研究会では映画評論家の波多野哲朗先生に講演をお願いした。波多野先生は1936年3月15日生まれで、本日70歳の誕生日にあたり、芸術学部の映画学科の専任教員としては定年を迎えられた。

講義内容は文化に興味がある僕のような者にも非常に興味深い内容だった。前半はアイデンティティの不統一性や不連続性の問題を先生の生い立ちにからめて説明が為された。福井地震や敗戦を経験。原風景としての焼け野原。ファシズムから民主主義への端境期を生きることで、アイデンティティや自己意識内にある亀裂や不連続性、矛盾を正面からとらえるようになった経緯はある種の必然性を感じずにはいられない内容だった。



異文化が邂逅し、混じり合う場所としての境界という問題を考えるにあたって、ユーラシア大陸をバイク横断し、実際に行動しながら、境界の連続性といったものを体感しながら思索するという手法は大胆だが、映像を見ると、なんだか楽しそうに見えた。

 観念の支配から逃れたものがノイズという考え方も非常に面白かった。映画は観念だけでは制作できず、他者や外部の予定外のノイズ的な要素をカット・アンド・ミックスして作る芸術だというのは確かにうなずける。もう一歩進めて、自閉した社会を打ち破る力としての映画という捉え方も僕にとっては新鮮だった。つまり、映画はコントロールできない他者やノイズを常に取り込んでいく必要があり、それゆえ「世界」をして自らを語る、語らざるを得ないからだ。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 研究

    アメリカ史を扱った映画

    歴史をヴィジュアルな物語に置き換えたものは強力に記憶に残るので、後々参…

  2. 研究

    The World’s Columbian Exposition

    Norm BolotinとChristine LaingによるThe…

  3. 研究

    C.L.R. James

    明日のPostnational narrative classで扱うC…

  4. 研究

    CSについて

     此経教授の学部生のゼミの一つで、40分くらい時間をいただいて「カルチ…

  5. 研究

    無造作にあの研究誌が

    今、僕がいるバーミンガム大学といえば、近年、人文系の学問の流れを大きく…

  6. 研究

    エノラ・ゲイの完全復元作業終了

    Yahoo!ニュース - 海外 - 共同通信米スミソニアン航空宇…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    Cultural Typhoon(Day 2)
  2. 広報・PR

    ネットPR実態調査
  3. 研究

    chronicle/spectrum
  4. 日記

    リズムの発見
  5. 研究

    『ドナルド・ダックの世界像』
PAGE TOP