日記

節分

setsubun.jpg
南実にとって初めての節分。

とはいえ、まだ生後やっと五ヶ月になろうかというところなので、もちろん南実は恵方巻きも食べられないし、豆を撒くこともできない。
昨年まで、夫婦二人だけだったので節分も単にカレンダーの日付以上の意味を持たなかった。

しかし、南実には日本の行事がどんなものか可能な範囲で見せていく必要があるだろうと思う。

今まで立ち止まって考えたことのない伝統行事の意味や形式も、いざ親になると、子供にどう説明するべきか、などとも考えるようになる。


ところで、恵方巻きを食べる習慣は、僕が子供の頃はなかった。ちょっと調べてみると、関西方面での風習だったらしい。ウィキペディアによれば恵方巻きはコンビニの販売網によって関東圏をはじめ全国に広まったようだ。

参考URL

節分フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 日記

    38歳になりました

     本日、38歳の誕生日を迎えました。 (さらに…)…

  2. 日記

    東京スカイツリー、お茶の水から

    先日、お茶の水のクライアントのオフィスでの打ち合わせを終え、地下鉄の駅…

  3. 日記

    急に思い出したこと。高校時代、サッカーの県大会でのことだ。僕は…

  4. 日記

    google携帯が気になる

     google携帯が気になっています。 正確には、米Googleが…

  5. 日記

    フォーカスできていない!

    浮気性を自覚しています。 (さらに…)…

  6. 日記

    感謝の気持ちを素直に表現できますか?

    感謝の気持ちを素直に表現することは大切です。 (さらに……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イギリス大学院留学

    春はまだ遠いか?
  2. 映画・写真・音楽

    8mile
  3. 日記

    今年の節分は……
  4. 日記

    父親になりました
  5. ストーリー思考

    『ストーリーとしての競争戦略』オーディオブックを購入
PAGE TOP