読書と出版

「江古田文学」60号

ekoda_top60.jpg
「江古田文学」60号「しりあがり寿」特集が全国書店にて発売になりました。
豪華執筆陣によるしりあがり論、しりあがり寿本人による書き下ろしイラストなどなど目玉満載!
お問い合わせ・・・江古田文学会 03-5995-8255
「文化考現論」と題して僕も新連載をスタートさせました。また、「しりあがり寿」特集に記事を一本書いています。
普段は文芸雑誌コーナーにおいてある「江古田文学」。
今回は「しりあがり寿」特集ということで書店のコミックコーナーなどからも
注文があり、いつもと違う場所で「江古田文学」を見つけることになるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 読書と出版

    「違いのわかるあなた」になるためにうってつけの本

      はじめにあなたは何度も読み返すべき本、あなたは持っています…

  2. 読書と出版

    読書歴初期の記憶

    僕の読書に関する記憶は、一ヶ月に一冊家に送られてきた『世界名作児童…

  3. 読書と出版

    Newnovelist

    知り合いのところにいったときに、なんだか気になるパッケージがあったの…

  4. 読書と出版

    『行列のできるメルマガ作成入門』

    高橋浩子『行列のできるメルマガ作成入門』(翔泳社、2004)を読んだ。…

  5. 読書と出版

    江古田文学 69号 特集 太宰治 生誕100年記念

    江古田文学 69号が発売となりました。僕の連載、文化考現論も第6…

  6. 読書と出版

    江古田文学 67号

    2008年3月15日 発行の江古田文学 67号。特集「名無しの才能」の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. コミュニケーション

    読み手を惹きつけ、行動させるコンテンツとは?
  2. ストーリー思考

    アクションしてもらうには頭ではなく○にはたらきかける
  3. 研究

    サイード死去
  4. 日記

    高校時代からの友人、石坂淳と会食
  5. イギリス大学院留学

    メッセンジャーで天気を確認する習慣
PAGE TOP