WEB

YouTubeを使ってみた

YouTubeは写真共有システムのFlickrのビデオ版と言っていい。
youtube.jpg
一度にアップロードするファイルサイズの制限はあるが、ビデオを保管するサーバースペースを無料で提供してくれるという点でかなり太っ腹なサービスだという印象を受けた。


ブロードバンド環境にあれば、視聴者はそれほどストレスなく動画を楽しむことができる。


 特にデジカメに付属しているショート・ムービー機能を使って撮影した動画データをストックするスペースとしてYouTubeはうってつけだ。


ビデオ・ブログも今後どんどん増えていくのだろうと予測できる。


ちなみにtubeは「ブラウン管」を指す英語だが、転じて「テレビ」の口語的表現である。


サイトのキャッチ・コピーが「Broadcast Yourself.」なのでYouTubeを日本語で表現すれば「あなたの放送局」ぐらいの意味合いになるだろう。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. WEB

    最近のニュースソース

    日本の大手メディア、特に新聞などは8割が同一内容の記事で占められている…

  2. WEB

    Zen Cart インストール成功

    ネットショップ・システムを構築するCMSとしてosCommerceの…

  3. WEB

    これまでに訪れた国

     Hud's Blog-O-Rama経由で知ったのだが、自分がこれまで…

  4. WEB

    画像加工の練習

    ほとんど完成しかけた論文があったが、読み直してみると構成が甘かったので…

  5. WEB

    Sigmarion2

    Sigmarion2を購入してから、けっこう時間が経過した。ずいぶ…

  6. WEB

    身近な著作権

    ローレンス・レッシグの『FREE CULTURE』を読んでいる。レッシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 映画・写真・音楽

    metacritic.com
  2. 日記

    学生インタビューに答えました
  3. 研究

    American Studiesとは何か?
  4. 文章術

    文章の全体像を面と線でとらえておく
  5. 日記

    研修旅行に初参加
PAGE TOP