WEB

YouTubeを使ってみた

YouTubeは写真共有システムのFlickrのビデオ版と言っていい。
youtube.jpg
一度にアップロードするファイルサイズの制限はあるが、ビデオを保管するサーバースペースを無料で提供してくれるという点でかなり太っ腹なサービスだという印象を受けた。


ブロードバンド環境にあれば、視聴者はそれほどストレスなく動画を楽しむことができる。


 特にデジカメに付属しているショート・ムービー機能を使って撮影した動画データをストックするスペースとしてYouTubeはうってつけだ。


ビデオ・ブログも今後どんどん増えていくのだろうと予測できる。


ちなみにtubeは「ブラウン管」を指す英語だが、転じて「テレビ」の口語的表現である。


サイトのキャッチ・コピーが「Broadcast Yourself.」なのでYouTubeを日本語で表現すれば「あなたの放送局」ぐらいの意味合いになるだろう。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. WEB

    暗黒の監視社会?

    帰りがけ所沢駅構内で、引率の教師か補導員かはわからないが、明らかに…

  2. WEB

    画像加工の練習

    ほとんど完成しかけた論文があったが、読み直してみると構成が甘かったので…

  3. ブログ

    メディアを育てる 自分を育てる

    今年、勤務先の文芸学科公式サイトのサーバーを移転して以降、僕が中心にな…

  4. WEB

    これまでに訪れた国

     Hud's Blog-O-Rama経由で知ったのだが、自分がこれまで…

  5. WEB

    ドリコム「Myclip」サービス開始

    Myblog JAPANよりメールが届いた。新サービス「MyClip…

  6. WEB

    電子マガジン Manyo -万葉-

    大学や外部の仲間たちとwebを起点としたメディア・プロジェクトを試行し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    誇張報道
  2. お役立ちサイト/サービス

    気軽にビジュアルコンテンツが作れるキュレーションサービスStorify(ストーリ…
  3. 日記

    ドミニカ共和国 公使参事官と打ち合わせ
  4. WEB

    これまでに訪れた国
  5. 読書と出版

    あなたの思考を深める読書の流儀
PAGE TOP