ストーリー思考

実はあまり知られていないレディー・ガガのバックストーリー

レディー・ガガに対する印象は?

突然ですが、アメリカの女性歌手レディー・ガガについてあなたはどんな印象をお持ちでしょうか? レディー・ガガは、マドンナ以降一番パワフルなアメリカの女性ポップ・アイコンとして日本のメディアも繰り返し取り上げているのでご存じだと思います。

奇抜な衣装を身にまとって派手なパフォーマンスを繰り広げるエキセントリックな彼女の姿をテレビなどで見かけたこともあるのではないでしょうか。 そうしたこともあり、レディー・ガガのことを生まれ持ってのエキセントリックで目立ちたがりのカリスマ女性アーティストなんだ、という印象を持たれている方の方が多いと思います。

レディー・ガガは苦労人?

しかしながら、どちらかというと私はレディー・ガガに対して、そうした印象を持たれるよう戦略的な「努力を継続している」苦労人という印象を持っています。 彼女は、幼いときから音楽教育を受け、14歳からはクラブでパフォーマンスを行うなど、音楽の才能・実力は若いときからかなりのものだったようです。 とはいえ、すぐに注目され、トントン拍子でスターダムにのしあがってきたわけではなく、暗いトンネルをいつ出られるかどうかという見通しの見えない時期を長く経験したようです。 LINK

場末のクラブで

メジャー・デビューする前(名前もステファニー・ジャーマノッタだった時代)、とあるクラブで彼女がパフォーマンスをしていたときのことです。 ざわざわついた会場。誰もステージ上の彼女の歌も音楽も聴いていません。注意を払っていませんでした。 そのことに彼女は愕然とし、怒りさえ覚えました。 そして、なかば自棄(やけ)になって、ステージの上で洋服を脱ぎ始め、下着姿に。 20140927ladygaga photo credit: Jem Hologram. via photopin cc   その瞬間、場の雰囲気ががらっと変わりました。いったい何が起こるのだろうと彼女に注目が集まった。 そうした状況をつくってはじめて、クラブの観客が彼女の歌と音楽に注意深く耳を傾けるようになったのです。彼女の音楽に対して拍手さえ起こった。 この経験がステファニー、のちのレディー・ガガの転機になりました。 場末のクラブで、ピアノと歌を提供しているだけでは自分は「BGM」の提供者に過ぎない。誰もアーティストとして自分のことをみなさないし、注目もしない。

ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD))
ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション(2CD)) レディー・ガガユニバーサルインターナショナル 2011-05-23 売り上げランキング : 1380Amazonで詳しく見るby G-Tools

  しかし、他のアーティストと差別化する何かを提供すれば、振り向いてもらえる、「自分の音楽」を聴いてもらえる。 だからこそ、レディーガガは、は「自分の音楽」を聴いてもらうために、今も世間の注目を引く「努力を続けている」のだ、そんな風に私は受け止めているわけです。 これが私が知っているレディー・ガガのストーリーですが、多少なりとも彼女に対する印象が変わったのではないでしょうか。

おわりに

このようにストーリーは、見た目の印象だけでは決してわからない、見えない歴史・背景・理由といったものをわかりやすく伝える力があります。 こうした表面に見えないストーリーに意識的に注目していくと、ものごとの意外な本質が見えたり、他の人とちょっと違った見方ができるようになって 楽しいのでオススメしておきます。     ≡≡≡ CAZANA連載中です!≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ 第1回 あなたの人生を変える!超簡単「ストーリー思考」のススメ 第2回 AKBとディズニーに共通点!? ストーリーがもたらした驚きの成功例3つ 第3回 ストーリー思考、はじめの一歩 ~ 基本のフレームワークを理解しよう 第4回 ストーリー思考の4大ステージ ~ 自分が今いるステージを確認しよう ≡≡≡ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. ストーリー思考

    WebマガジンCAZANAで連載スタートしました!

    次世代サラリーマンたちの働く未来を考えるWebマガジンCAZANAで連…

  2. ストーリー思考

    あるラーメン屋に立ち寄ったときのこと

    はじめに今回は、私が仕事帰りにふと目にとまった小さなラーメ…

  3. ストーリー思考

    KINCHOの脱力系ストーリーブランディング

    先日の土曜日の朝、行きつけのファミレスで新聞を読んでいて、ふと目を留め…

  4. ストーリー思考

    不可視のバッジの持つ力

    はじめに同じ仕事やプロジェクトに取り組んでいても、そのメンバー同士…

  5. ストーリー思考

    ワークショップ「マインドマップとストーリー思考のススメ」無事終了のご報告

    ■はじめに昨日、7月21日、神戸芸術工科大学大学院の特別講義として「…

  6. ストーリー思考

    今ここにあるマイナスをプラスに転化するストーリー思考 

     「こんな目に遭うなんて、ついてないよな......」あなたには、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    教育現場での広告戦略
  2. 読書と出版

    「江古田文学」60号
  3. ライフハック

    ロンドン・オリンピックで再確認した「エベレスト理論」とその効果
  4. 読書と出版

    Search Inside the Book
  5. 健康

    3つの腰痛対策とバックジョイ
PAGE TOP