ストーリー思考

やっぱり? TOHOシネマズが好き

■ランチタイムの会話

先日、会社の同僚何人かと一緒にランチをとっていた時のことです。


photo credit: Sakurako Kitsa via photo pin cc

映画に関する話題になりました。

その中である女性スタッフが次のように言いました。

「私、TOHOシネマズ派なんです」

TOHOシネマズ派?


photo credit: spaceabstract via photo pin cc

映画館は単なるハコモノで、どこで観ようが、そんなに変わらないと思っていたので、不思議なフレーズでした。

「TOHOシネマズ派って、どういうことですか?」と尋ねると彼女はこう説明してくれました。

「映画そのものとは関係ないんですけれど……TOHOシネマズ系の映画館は、映画開始前にちょっとしたショート・ムービーみたいなものをやるんですよ。ウサギとリスが出てくる脱力系の話なんですけれど、なんとなくおもしろくて、それを見逃さないように私を含めて、早めに席に着いている人が多いんです」

なるほど!と私は思わずにいられませんでした。

以下、そのショートストーリーの一例です。
お時間があればご確認下さい。

>>>紙兎ロペ「海編」

■ストーリーによる差別化戦略

TOHOシネマズはショート・ストーリーを戦略的に用いて、他の映画館と差別化戦略をはかっていて、それに成功している!

彼女は映画上映前のほんの数分のそのストーリーを楽しむために、休日に観る映画を探すときはTOHOシネマズで上映中の映画から選ぶようにしているとのこと。

他の映画の宣伝と携帯電話をオフにしてくださいね、といったインストラクションくらいしかない無味乾燥な映画上映前の時間帯にストーリーによるちょっとしたエンターテイメントをしのばせる。

そんなことは、まったく期待していなかったのではじめてそのストーリーに触れた観客にとっては意外性があり、ファン形成につながる。また人に話したくなるネタとして、クチコミにもつながるでしょうね。

コモディティ化し横並びになっている製品やサービスにストーリーを注入することで他と差別化をはかっている面白い事例の一つだと思い、今回、共有させていただきました。

≡≡≡ CAZANA連載中です!≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

<<第1回>> あなたの人生を変える!超簡単「ストーリー思考」のススメ
http://cazana.net/archives/5402809.html

<<第2回>> AKBとディズニーに共通点!? ストーリーがもたらした驚きの成功例3つ
http://cazana.net/archives/5402816.html

≡≡≡ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. ストーリー思考

    ワークショップ「マインドマップとストーリー思考のススメ」無事終了のご報告

    ■はじめに昨日、7月21日、神戸芸術工科大学大学院の特別講義として「…

  2. ストーリー思考

    共感型ストーリーの成立条件

    はじめにあなたがストーリーをビジネスや生活場面で有効活用したいと考え…

  3. ストーリー思考

    スティーブ・ジョブズも実践していたストーリー思考

    はじめに同じ仕事やプロジェクトに取り組んでいても、メンバー同士の取り組…

  4. ストーリー思考

    あるラーメン屋に立ち寄ったときのこと

    はじめに今回は、私が仕事帰りにふと目にとまった小さなラーメ…

  5. ストーリー思考

    フレームワーク習得に役立つ「ストーリー型学習教材」活用のススメ

    ■フレームワーク、それは思考の枠組み情報を収集し、分析していく上で…

  6. ストーリー思考

    ストーリーを活用すれば仕事が楽しくなる

    働き方が問題や議論の対象となっています。長時間労働、サービス残業、さら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    読書にまつわる記憶
  2. 広報・PR

    ネットPR実態調査
  3. 研究

    『ヴィジュアル・カルチャー入門』
  4. イギリス大学院留学

    3度の留学と英語学習の概略
  5. 広報・PR

    ミシュランの謎
PAGE TOP