読書と出版

3秒でお客をつかむホームページの作り方


荻野 浩一朗著『3秒でお客をつかむホームページの作り方』 を読んだ。このページは、個人アーカイヴという位置づけのページなので、アクセスアップしようなどとは思っていない。
 しかし、このページ以外にも主にブログ・ベースのホーム・ページを仕事でつくったり、デザイン・運営などを担当している関係で時々アドバイスを求められることがある。そういった場面で、より的確にアドバイスできるよう、参考に目を通してみたのだった。


 ウェブ・アクセシビリティなどの議論などもあるが、この本はそれよりももっと直接的にページの情報をわかりやすく構成することを提案している。
簡単に言えば、ページにごちゃごちゃと余分な情報を詰め込みすぎない。それは訪問者に混乱を引き起こすからだ。
 個々の訪問者が、ほしい情報があるかどうか、確認するためにページに滞留する時間はほとんどが一秒弱。そこで、目標の情報がないと判断されれば、訪問者は別のページへ飛んでいってしまう。そして二度と戻ってこない。
 そこでキャッチフレーズをサイトのわかりやすい場所に配置しておくことが重要。
 こういったベーシックな内容の本だが、ここで提案されている内容を実施しているサイトというのは現状ではほとんどないと思う。僕自身も、これまでのサイト作りで反省することが多々あった。今後、自分でサイト構築するさいにもチェック事項として、頭の中にポイントを入れておこうと思う。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 読書と出版

    「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!

    webサイトのデザインでも雑誌の編集に関しても、色というのは重要な…

  2. 読書と出版

    誰かをサプライズさせたくなる本

    アメリカのオフィスを舞台にした映画などを見ていると、サプライズ・パー…

  3. 読書と出版

    One Book, Three Points, One Actionから始めよう!

    日々成長したいと考えながらあなたも毎日を過ごしているのではないでしょう…

  4. 読書と出版

    いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった

     100ページに満たない短い翻訳書で、さらりと読んでしまいました。…

  5. 読書と出版

    『罪なき囚人たち』

    ロジャー ダニエルズ 『罪なき囚人たち―第2次大戦下の日系アメリカ人…

  6. 読書と出版

    『週末ライターで稼ぐ』

    新井イッセー著『週末ライターで稼ぐ』(雷鳥社 2004年)を読んだ。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    2008 芸術祭 N-1グランプリ
  2. 日記

    今年の節分は……
  3. コミュニケーション

    情報を二つのカテゴリーに区別しタイミングを使い分けよう
  4. ストーリー思考

    ストーリーを活用すれば仕事が楽しくなる
  5. 日記

    鳥たち
PAGE TOP