読書と出版

3秒でお客をつかむホームページの作り方


荻野 浩一朗著『3秒でお客をつかむホームページの作り方』 を読んだ。このページは、個人アーカイヴという位置づけのページなので、アクセスアップしようなどとは思っていない。
 しかし、このページ以外にも主にブログ・ベースのホーム・ページを仕事でつくったり、デザイン・運営などを担当している関係で時々アドバイスを求められることがある。そういった場面で、より的確にアドバイスできるよう、参考に目を通してみたのだった。


 ウェブ・アクセシビリティなどの議論などもあるが、この本はそれよりももっと直接的にページの情報をわかりやすく構成することを提案している。
簡単に言えば、ページにごちゃごちゃと余分な情報を詰め込みすぎない。それは訪問者に混乱を引き起こすからだ。
 個々の訪問者が、ほしい情報があるかどうか、確認するためにページに滞留する時間はほとんどが一秒弱。そこで、目標の情報がないと判断されれば、訪問者は別のページへ飛んでいってしまう。そして二度と戻ってこない。
 そこでキャッチフレーズをサイトのわかりやすい場所に配置しておくことが重要。
 こういったベーシックな内容の本だが、ここで提案されている内容を実施しているサイトというのは現状ではほとんどないと思う。僕自身も、これまでのサイト作りで反省することが多々あった。今後、自分でサイト構築するさいにもチェック事項として、頭の中にポイントを入れておこうと思う。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 読書と出版

    『下流社会』

    三浦展『下流社会』(光文社新書、2005年)を読んだ。 日本社会の若…

  2. 読書と出版

    『偽装するニッポン』

    中川理『偽装するニッポン』(彰国社,1996)を読んだ。 ディズニーラ…

  3. 読書と出版

    One Book, Three Points, One Actionから始めよう!

    日々成長したいと考えながらあなたも毎日を過ごしているのではないでしょう…

  4. 読書と出版

    失敗学のすすめ

    この本、 『失敗学のすすめ』(畑村 洋太郎著、講談社、2000年)の…

  5. 読書と出版

    [新訳]経験経済

    絶版となっていて手に入らなかった『経験経済』に新訳版が出たので購入し…

  6. 読書と出版

    読書歴初期の記憶

    僕の読書に関する記憶は、一ヶ月に一冊家に送られてきた『世界名作児童…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. English/英語

    英文校正サイト NativeChecker
  2. 日記

    学生インタビューに答えました
  3. WEB

    MyRSS
  4. ストーリー思考

    完全無欠のヒーローの自慢話なんか誰も聞きたくない
  5. 映画・写真・音楽

    写真と想像力
PAGE TOP