読書と出版

3秒でお客をつかむホームページの作り方


荻野 浩一朗著『3秒でお客をつかむホームページの作り方』 を読んだ。このページは、個人アーカイヴという位置づけのページなので、アクセスアップしようなどとは思っていない。
 しかし、このページ以外にも主にブログ・ベースのホーム・ページを仕事でつくったり、デザイン・運営などを担当している関係で時々アドバイスを求められることがある。そういった場面で、より的確にアドバイスできるよう、参考に目を通してみたのだった。


 ウェブ・アクセシビリティなどの議論などもあるが、この本はそれよりももっと直接的にページの情報をわかりやすく構成することを提案している。
簡単に言えば、ページにごちゃごちゃと余分な情報を詰め込みすぎない。それは訪問者に混乱を引き起こすからだ。
 個々の訪問者が、ほしい情報があるかどうか、確認するためにページに滞留する時間はほとんどが一秒弱。そこで、目標の情報がないと判断されれば、訪問者は別のページへ飛んでいってしまう。そして二度と戻ってこない。
 そこでキャッチフレーズをサイトのわかりやすい場所に配置しておくことが重要。
 こういったベーシックな内容の本だが、ここで提案されている内容を実施しているサイトというのは現状ではほとんどないと思う。僕自身も、これまでのサイト作りで反省することが多々あった。今後、自分でサイト構築するさいにもチェック事項として、頭の中にポイントを入れておこうと思う。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 読書と出版

    『文化と芸術表象』

    『文化と芸術表象』渡邉守章・渡邉保・浅田彰(放送大学教育振興会,200…

  2. 読書と出版

    佐々木俊尚著『グーグル』

    グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (50…

  3. マーケティング

    「ワクワク系マーケティング」本の決定版!

    はじめに 小阪裕治著『「惚れるしくみ」がお店を変える!』を読みました。…

  4. 読書と出版

    中原中也賞

    こちらは最近話題になったらしい、若い芥川賞受賞者との関連でエントリーさ…

  5. 読書と出版

    江古田文学 69号 特集 太宰治 生誕100年記念

    江古田文学 69号が発売となりました。僕の連載、文化考現論も第6…

  6. 読書と出版

    あなたの思考を深める読書の流儀

    本を読む目的は人それぞれ、いろいろなものがあります。その中の代表的な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    「複製技術の時代における…」
  2. ライフハック

    マンダラート:ゲーム感覚を味わえるアイデア発想ツール
  3. 日記

    朝型生活、一週間経過
  4. イギリス大学院留学

    WEST ENDでミュージカル
  5. 日記

    Dull Weather
PAGE TOP