日記

仕事帰りにインド料理

chi_curry.jpg学校の帰りに(こう書くとまだ学生みたいだが)、まだ行ったことの無かった近所のインド料理屋で食事をする。
僕が住んでいる近辺はけっこうエスニック料理の店が豊富だ。これまで足を運んだことのない店で食事をするのは楽しみの一つである。
これまで、近所では韓国、タイ、インド料理屋に足を運んだ。沖縄料理の店にも近いうちに行ってみようと思っている。


高校生くらいまでは、食事はほとんど燃料のような感じ空腹を満たすことができれば良かった。しかしながら2000年にアメリカに交換留学中、寮の食事(アメリカ料理!)に辟易してから、大学の外で食べるエスニック料理が一服の清涼剤という感じになった。
それからというもの、新しいエスニック料理屋や食べたことのない料理などを試してみるのが趣味化した。環境という者が人の嗜好性を左右するいい例だと思っている。
また、僕は手広く料理をするタイプではないけれども、本当に好きになった料理は自分で気が済むまで作ってみる性分のようだ。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 日記

    スマートノートからPDCAノートがスピンオフした件

     あなたは自分の成長を持続的なものにするためにどのような工夫をしてい…

  2. 日記

    爆笑問題・太田光の肯定力

    NHKで放映された爆笑問題のニッポンの教養を見ていて、太田光のフレー…

  3. ストーリー思考

    CAZANA連載 第2回記事が公開!

    私のCAZANA連載 第2回記事が公開されました。AKBとディズニー…

  4. 日記

    2016年を振り返って

    今年一年を簡単に振り返ってみたいと思います。ITネットベンチャーから外…

  5. 日記

    Androidスマホ用 音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」モニターに参加します!

    ブログスカウト事務局さんのモニター企画で、Androidスマホ向け音楽…

  6. 日記

    所沢祭り

    昨日、今日と地元で「所沢祭り」が開催された。スクーターで普段から所…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    「文芸人」の全体レイアウト作業
  2. English/英語

    The Course of My Life?
  3. 研究

    Robert Frank
  4. 研究

    Postmodernity
  5. 日々の記録

    ビート・ジェネレーションの思い出
PAGE TOP