日記

仕事帰りにインド料理

chi_curry.jpg学校の帰りに(こう書くとまだ学生みたいだが)、まだ行ったことの無かった近所のインド料理屋で食事をする。
僕が住んでいる近辺はけっこうエスニック料理の店が豊富だ。これまで足を運んだことのない店で食事をするのは楽しみの一つである。
これまで、近所では韓国、タイ、インド料理屋に足を運んだ。沖縄料理の店にも近いうちに行ってみようと思っている。


高校生くらいまでは、食事はほとんど燃料のような感じ空腹を満たすことができれば良かった。しかしながら2000年にアメリカに交換留学中、寮の食事(アメリカ料理!)に辟易してから、大学の外で食べるエスニック料理が一服の清涼剤という感じになった。
それからというもの、新しいエスニック料理屋や食べたことのない料理などを試してみるのが趣味化した。環境という者が人の嗜好性を左右するいい例だと思っている。
また、僕は手広く料理をするタイプではないけれども、本当に好きになった料理は自分で気が済むまで作ってみる性分のようだ。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 日記

    周辺飛行

    NAP(日芸・アート・プロジェクト)公演『周辺飛行』を仕事が退けてから…

  2. 日記

    愛だろ、愛っ

    人生において、仕事において、人間関係において一番大切なのは結局は「愛」…

  3. 日記

    爆笑問題・太田光の肯定力

    NHKで放映された爆笑問題のニッポンの教養を見ていて、太田光のフレー…

  4. 日記

    ゴールンウィーク2014: 高崎観音、焼きまんじゅう、まわり寿司

    今年のゴールデンウィークは2泊3日で群馬の実家に帰省してのんびりすごし…

  5. 日記

    文芸学科サイトのリニューアル

    勤務先の文芸学科のホームページはほとんどのコンテンツが平成15年度で更…

  6. 日記

    社会保険事務所へ

    大学から夏休みをもらった。学生の時はわからなかったが、今となっては平日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    医療タイムス 林兼道取締役会長と会談
  2. 文章術

    文章の切り口を明確化するための3つのポイント
  3. 研究

    ロゴライゼーション
  4. ストーリー思考

    ストーリーを発見・発掘する方法
  5. ブログ

    メディアを育てる 自分を育てる
PAGE TOP