日記

仕事帰りにインド料理

chi_curry.jpg学校の帰りに(こう書くとまだ学生みたいだが)、まだ行ったことの無かった近所のインド料理屋で食事をする。
僕が住んでいる近辺はけっこうエスニック料理の店が豊富だ。これまで足を運んだことのない店で食事をするのは楽しみの一つである。
これまで、近所では韓国、タイ、インド料理屋に足を運んだ。沖縄料理の店にも近いうちに行ってみようと思っている。


高校生くらいまでは、食事はほとんど燃料のような感じ空腹を満たすことができれば良かった。しかしながら2000年にアメリカに交換留学中、寮の食事(アメリカ料理!)に辟易してから、大学の外で食べるエスニック料理が一服の清涼剤という感じになった。
それからというもの、新しいエスニック料理屋や食べたことのない料理などを試してみるのが趣味化した。環境という者が人の嗜好性を左右するいい例だと思っている。
また、僕は手広く料理をするタイプではないけれども、本当に好きになった料理は自分で気が済むまで作ってみる性分のようだ。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  5. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 日記

    ワールドカップドイツ大会を振り返る

    ワールドカップ・ドイツ大会が終わった。僕は個人技にすぐれた南米…

  2. 日記

    感謝の気持ちを素直に表現できますか?

    感謝の気持ちを素直に表現することは大切です。 (さらに……

  3. 日記

    朝型生活、再開

    個人的な長めのつぶやきです。あなたは朝型人間それとも夜型人間どちらで…

  4. 日記

    忘れかけていたフォーカスと反復の大切さ

    ふとしたことがきっかけで、自分が過去の経験から学んだ大切なことを思い出…

  5. 日記

    ブログ・タイトルを変更

    ブログのタイトルを変更しました。その発端は、都内某所のコーヒー・…

  6. 日記

    ビッグ・バードの発明

    テレビ番組『セサミ・ストリート』、あなたもご存じだと思います。エルモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ストーリー思考

    なぜ私たちは勧善懲悪の世界に飽きないのか?
  2. ブログ

    「生活世界」「システム」そしてブログ
  3. 研究

    ジャック・デリダ死去
  4. 日記

    文芸学科サイトのリニューアル
  5. 研究

    意志決定者と遂行者の乖離
PAGE TOP