I’m ready to shoot

前回の記事の後、大学に出入りしているNikonにカメラをチェックしてもらった。

レンズはOK。低速シャッターのスピードがおかしい。露出計は動かないなどの不具合が見つかった。なにぶん古いものなので致し方ない。メーカーが提示してきた修理代金は50,000円を超えるものだった。

それを聞いた大学の技術員Mさんが、親戚のカメラ屋さんなら手元にある部品を使うし、仲介手数料をとらないのでだいぶ安くできるかもしれない、と言ってくれた。

それが今週の月曜日に仕上がって戻ってきた。修理金額は1万円強で、想像していたよりずっと安かった。お願いしたところ以外にも調整を施してくれ、さらにはレンズキャップもつけてくれた。もう撮影できるな、という感じなのだが、手で持ち歩くのにこのカメラはいささか重い。

そこで近所のカメラ屋に出向き、クビからカメラをかける形の皮ストラップを購入。

Now I’m ready to shoot photographs.

関連記事

  1. Robert Carlyle

  2. ここ数ヶ月で見た映画

  3. 裏窓

  4. 『まあだだよ』

  5. 『デジカメ時代の写真術』

  6.  Androidスマホ用 音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」で実際に…

  7. 地獄の黙示録

  8. デジカメ写真をトイカメラ風に加工

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ