ジャック・デリダ死去

jacq_delida
 

 

仏哲学者のジャック・デリダさん死去

フランスの著名哲学者ジャック・デリダさんが8日深夜から9日未明にかけて、膵臓(すいぞう)がんのためパリの病院で死去した。74歳だった。AFP通信などが伝えた。

 1960年代以降、プラトンからニーチェ、ハイデッガーまでの西洋哲学全体を先鋭的に批判・解体し、西洋中心主義を問い直す「脱構築」の思想を展開。テキストを異なる視点から読み替える手法は、世界の思想・文学などの研究に大きな影響を与えた。

(アサヒ・コム)

 

近いうちに追悼の意味をこめて、デリダの仕事を振り返る作業をしておこう。デリダが思想界に残した影響はやはり大きい。

関連記事

  1. 意志決定者と遂行者の乖離

  2. The Harlem Renaissance

  3. 『カルチュラル・スタディーズ入門』

  4. reappropriation、読みかえ

  5. カルチュラル・スタディーズ: イントロ(1)

  6. 映画と精神分析は同級生

  7. エキゾティシズム

  8. 消費主義とスペクタクル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ