誇張報道

シュワルツェネッガー米カリフォルニア州知事は22日、NBCテレビのインタビュー番組「ミート・ザ・プレス」に出演、米市民として20年以上を経過した者には大統領選挙に立候補する資格を与えるべきだとアピールした。
20140426election

photo credit: hjl via photopin cc

こうした動きを背景に、「憲法で認められるなら、出馬するか」との質問を受けたシュワルツェネッガー知事は「全く考えていない。今は州の財政再建などで超多忙だ」と述べたものの、「それでは市民として20年以上を経た人には、立候補の資格を与えるべきか」と尋ねられると、「もちろんだ」と答えた。

別に彼を弁護するつもりはないが、これは単にNBC側がそういう方向性に持っていきたくて誘導尋問的な質問をして、それにYESと答えただけだと思う。


実際に本人がどう思っているかどうかはともかく、「もちろんだ」とこたえただけで、見出しに「訴え」と書いてしまうのは誇張しすぎ、もしくは事実の歪曲のような気がする。
あのマスキュリンな映画俳優が政治にも大きな野心を燃やしている、という方が話としては盛り上がるだろうけれど。僕が同じ立場だったら、気分をかなり害すると思う。皆さんはどう考えますか?

関連記事

  1. ところざわまつりでケバブサンドを喰らう

  2. 引っ越し当日

  3. ウォーキング、Podcasting

  4. 研修旅行に初参加

  5. 2009年を振り返って

  6. ビザ取得準備

  7. エコロジーにはお金がかかる

  8. 新曲キャンペーンが具体化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ