読書と出版

Newnovelist

newnolelist.jpg
知り合いのところにいったときに、なんだか気になるパッケージがあったので尋ねてみると、小説を書くためのソフトウェアだという。ソフト名はNewnovelist
 面白そうなので試してみた。主人公の名前を決め、物語のジャンルを決める。その度に「物語の舞台というのはこれこれこういう点で重要なのです」といったメッセージが表れてくる。
 主人公、主人公の補助者、ライバルの補助者、ヒロイン…舞台、時代、いろいろな質問に答えていく。その中で漠然としていた物語のイメージが具体的になってくる仕組みになっている。


デフォルトでは、かなりシンプルな小説を書く手助けにしかならない印象を受けた。しかしカスタマイズ可能なようなので、工夫次第ではこれを使ってかなり凝った小説もできそうだ。
 日本語化して、もう少し細やかな設定ができるように手を加えれば、小説やシナリオなど、フィクションを書く上での基本要素を学ぶにはなかなかいいかもしれない。また、大学の文芸創作コースでの学部一年生の基礎学習用教材としてなら十分使えそうな印象を受けた。
 なかなか興味深いアイデアと試みだと思う。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 読書と出版

    江古田文学 67号

    2008年3月15日 発行の江古田文学 67号。特集「名無しの才能」の…

  2. 読書と出版

    江古田文学 68号

    江古田文学68号が発売されました。私の連載『文化考現論』も第五回を…

  3. 読書と出版

    「江古田文学」60号

    「江古田文学」60号「しりあがり寿」特集が全国書店にて発売になりまし…

  4. 読書と出版

    『週末ライターで稼ぐ』

    新井イッセー著『週末ライターで稼ぐ』(雷鳥社 2004年)を読んだ。 …

  5. 読書と出版

    「違いのわかるあなた」になるためにうってつけの本

      はじめにあなたは何度も読み返すべき本、あなたは持っています…

  6. 読書と出版

    失敗学のすすめ

    この本、 『失敗学のすすめ』(畑村 洋太郎著、講談社、2000年)の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ストーリー思考

    実はあまり知られていないレディー・ガガのバックストーリー
  2. 読書と出版

    『文化と芸術表象』
  3. 日記

    鳥たち
  4. ライフハック

    図書館活用法
  5. 日記

    本格的な夏の暑さ
PAGE TOP