Dave Barry Does Japan

davebarry.bmp
Dave Barry”Dave Barry Does Japan” (Ballantine Books, 1993)
ピューリッツァー賞受賞のユーモア作家デイヴ・バリーが家族をともなって日本に三週間滞在したときの経験を中心に書いている。
 その多くは、外国の知り合いが日本を訪ねたときにだいたい口にすることとそんなに変わらない。しかし、その描き方がすごく笑わせてくれる。
 もちろん、彼なりの気の利いた洞察もあちこちにある。ともかく肩のこらない日本文化論として読むことができる。
 また、シンプルでわかりやすい英語なので、ちょっと英語を囓った人ならそんなに苦労せずに読めるだろうと思う。楽しみながら英語を学びたいという人にもお勧めできるかもしれない。

関連記事

  1. 『偽装するニッポン』

  2. 『ウェブデザイナーになってよかった』

  3. 『αの種子―成功をつかむ10の扉』

  4. ネットの「こちら側」と「あちら側」-『ウェブ進化論』を読んで-

  5. たかが段取り力、されど段取り力

  6. 『ブランド戦国時代』

  7. いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった

  8. 『下流社会』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ