研究

マニ教的二元論

 

manichaeism

日本語でも英文(下記本文の下線部参照)を読んでいても「マニ教的二元論」や「マニ教的二項対立」といった表現は昔からよく文章の中に登場してきていた。

そういう宗教があるのだろう、というくらいで今まで深い考えもなく、やり過ごしてきた。

ふと思いとどまって「マニ教」で検索エンジンにかけてみるとあっという間に見つかる。確かに、広辞苑など引いても比較的マニ教に関しては詳しく解説されているのだが、フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』にとてもうまくまとめられているのを発見したのでメモ代わりにエントリー。

Wikipedia マニ教

Manichaeism

A sensitivity to this ambivalence in the state of mind that is modern city may prefigure a new urban imagination, a new structure of visibility, that transcends de Certeau’s Manichean opposition between Concept City of power and a pedestrian poetics of resistance.
(James Donald,Imaging the Modern City, London: Athlone Press/Minneapolis: University of Minnesota Press, 1999. p92)

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 研究

    公的意味空間論ノート(花田達郎著『公共圏という名の社会空間』第二章)

    花田達郎はハーバーマスの『公共圏の構造転換』で扱われた< 構造転換>の…

  2. 研究

    ハーバーマス

    最近ハーバーマスや公共圏論に関する本や論文を読んでいる。そこで…

  3. 研究

    Clockersに関するメモ

    エッセイでSpike LeeのClockers(1995)を扱おうと思…

  4. 研究

    無造作にあの研究誌が

    今、僕がいるバーミンガム大学といえば、近年、人文系の学問の流れを大きく…

  5. 研究

    都市のヴィジュアル・イメージ

    The City of American and European …

  6. 研究

    KOBENA MERCER

    最近、大学院の授業関係でこの人の論文を読んだが、なかなか鋭い意見の持ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イギリス大学院留学

    半信半疑
  2. 日記

    ファヒータ(メキシコ料理)を約10年ぶりにつくってみました!
  3. ライフハック

    簡単だけど、ほとんどの人がやっていない「自分の成長を実感する」方法
  4. 日記

    Vinoに初給油
  5. 日記

    外交アナリスト吉田信三氏にお会いしました
PAGE TOP