研究

スペクタクルという共通項

societyofspectacle.gifFilm&VisualCultureクラス用に書いていたエッセイ、映画15minutesに関する内容が一通り形になった。
 15minutesは巨額な予算が投じられた超大作のハリウッド映画である。社会批判的な内容とメッセージは十分感じられるものの、それをオーディエンスに伝え、考えさせるためのナラティヴは、多用されているスペクタクル(迫力のあるシーン)によって崩壊しているのではないか。もしくは、ハリウッド映画が近年頻繁に作品に盛りこむようになった社会に対する問題意識を思わせるテーマ群は単なるステージングの便利な装置として、映画テクストの生産者側が消費しているだけにすぎないのではないか、ということを問いかける内容。


 今回のエッセイを通して、映画におけるスペクタクルの役割について初めて考えてみた。今まで自分が映画を認識したり分析したりする上で、まったく気づいていなかった視点を導入したことは勉強になった。
 ところで、映画の授業は、僕の研究テーマとはほとんど重ならないとこれまでは思っていた(というのは、シカゴ博が1893年で、映画の誕生はそれから2年後の1895年なので)。そして、卒業のための必修科目として、これからはじまる春学期にも映画関連の授業を履修しなければないので、いささか気が重かった。しかし、今回のエッセイの執筆を通して、スペクタクルという要素は映画だけでなく万博というメディア空間にとっても重要な概念であるということに気づくことができた。
ドゥボールのThe society of the spectacleが図書館にあることがわかったので、今度借りてこようと思っている。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 研究

    公的意味空間論ノート(花田達郎著『公共圏という名の社会空間』第二章)

    花田達郎はハーバーマスの『公共圏の構造転換』で扱われた< 構造転換>の…

  2. 研究

    テロと都市イメージの再構築

    最近の世界情勢において急速にフォーカスされるようになった国際テロリズ…

  3. 研究

    ジャック・デリダ死去

     仏哲学者のジャック・デリダさん死去フランスの…

  4. 研究

    Boys Don’t Cry

     今回の留学で最後の授業内プレゼンテーションに選んだのがこの映画…

  5. 研究

    『ドナルド・ダックの世界像』

    小野 耕世『ドナルド・ダックの世界像』(中央公論新社,1999)を読ん…

  6. 研究

    サブカルチャーについて考え始める

    バーミンガム大学に提出予定のエッセイとして、Ghettocentric…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    公的意味空間論ノート(花田達郎著『公共圏という名の社会空間』第二章)
  2. 日記

    ありがたくない流行
  3. 日記

    爆笑問題・太田光の肯定力
  4. イギリス大学院留学

    ともかく確認
  5. 運営者情報

    広告情報誌「企業と広告」2018年3月号にエッセイを書きました
PAGE TOP