イギリス大学院留学

テレビが到着

 blur_desktop.JPG 部屋でエッセイに集中していると電話が鳴った。ジョンからだった。
「ノボル、今日はどうしてる?フラットにいるか?」
「エッセイを書いているので、たぶん一日中フラットにいると思うけれど」と答える。
「そいつはいいや。これからテレビを持ってくよ。じゃ、またあとで」
 少し前のエントリーで書いたが、僕の部屋にはテレビがない。もともとそんなに欲しいとも思っていなかった。ただ、前にタリス家に遊びに行ったときに、彼らが使っていないテレビを貸してくれるという提案があった。その時は、厚意は嬉しいけれど、とりあえずインターネットもあるし情報をとる分には困っていないから、という風に一度は断った。 しかし、その後のメールでのやりとりで、ジョンがテレビの教育的機能を説きはじめた。ジョンとはよく歴史と建築関係の話をするのだが、そっちの情報をとるにもいい番組があるという。


 たしかに僕も文化を研究しているわけだから(イギリス文化ではないが)、住んでいる地域の文化を学んだりイギリス的な英語の言い回しを学んだりする上では、テレビから情報をとることはわりと手っ取り早いかもしれないと、そこで考え直してみた。そのことを書いてメールで送ってから、さほど時間が経過していなかったのだが、さっそく持ってきてくれるという。
 二時間後くらいにジョンが実際にやってきてテレビを部屋に設置。インターネット・テレビと説明書には書いてある。古い機能のほとんどないテレビを想像していたのに、けっこう新しい。リモコン付き(キーボードが付属しているので大きい)。ブランド名がBUSHというのはなかなかしゃれている。もちろん、某アメリカ大統領を連想してしまう。
 
 コーヒーを飲みながら一時間くらい話をした後、レスター方面にジョンは戻っていた。タリス家の二人に心から感謝。
 人気があるイギリスのコメディ番組、The OfficeはDVDなどでちょっとかじったので、そのあたりのチェックくらいからテレビ視聴を開始してみようと思っている。その前にエッセイを仕上げるのが先決だけれど。
 追記:ここで冒頭に使っている写真はわざとぼかして撮影したもの。トイ・カメラ風の味わいのある写真を撮ってみたくて、いろいろと試しているのだが、デジカメではやはり難しいみたいだ。
 注:また、もう一枚の写真はWTF Is It Now??から。論理的に説明できないけれど、なんだかおかしい。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    National Exhibition Centre

     フランス人でフラット・メイトのナヴィードと、共通の友人であるバングラ…

  2. イギリス大学院留学

    グラスで水を飲む

    ちょっと前のことになりますがグラスを99ペンスで買いました。値段的には…

  3. イギリス大学院留学

    ディズニーをめぐる強迫観念

     帰国が迫っているので、お土産などの買い出しにシティー・センターへ。 …

  4. イギリス大学院留学

    バルチでお別れ

    帰国が近いということで簡単なお別れパーティーを近所のバルチ・レストラン…

  5. イギリス大学院留学

    髪を切る

    イギリス入りして初めての雨。朝方は細かな雨が降ったりやんだり。僕がハウ…

  6. イギリス大学院留学

    バーミンガム発祥の料理、バルチの夕べ

    お昼はFish&Chips昼食は、奥さんが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イギリス大学院留学

    バーミンガム発祥の料理、バルチの夕べ
  2. ストーリー思考

    謎と意外性
  3. 教育

    blogの大学教育への活用
  4. 日記

    自由への疾走
  5. 日記

    2008 芸術祭 N-1グランプリ
PAGE TOP