イギリス大学院留学

文献探索

birminghamhp.gif大学の図書館で学期末エッセイの資料になる本を探す。本の情報自体は、フラットから大学の図書館のページにアクセスして、プリントアウトしたものを持っていったので、純粋に書棚にある本を探すだけだ。
 たまたま、指導教官のDr.Lewisと図書館の五階でばったり会う。簡単に挨拶した後、本の探索をつづけていたが、しばらくするとDr.が僕の研究テーマに関連している写真入り本を持って再び現れる。つくづく親切な人である。


 大学の授業関連のテキストは、他の学生とほとんど奪い合いで、時間差で棚にないときもあったりして、がっかりさせられたこともけっこうあった。
 しかし、個人研究の資料は面白いように見つかる。ともかく10数冊見つけて、目次から内容などをざっとスキミングして借りる本を6冊までにしぼる。図書館の本の最大貸し出し数は12冊で、すでに6冊フラットに借りているものがあるため。
 前もって、先行研究のbibliography(関係書目・引用文献)を入念に検討してあった結果か、いい文献や資料を見つけることができた。
 とりわけ1冊は僕の研究内容にダイレクトにつながっている文献で、期待以上の成果だと言っていい。その文献のbibliographyを確認すると、かなり丁寧で充実した内容になっていた。研究上の視点やアプローチの仕方は僕とはちがうが、資料は共有できる。今後のしっかりした足がかりになりそうだ。目の前がぱっと開けた感じ。先人に感謝。
補足:
写真は冬ヴァージョンになった大学のホーム・ページをキャプチャしたもの。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    エスニック料理の楽しみ

    フラットに入居してからずっと自炊です。僕はグルメ志向とか、味にうるさい…

  2. イギリス大学院留学

    歓迎式典

    今回の留学のスポンサーであるロータリー財団の地区歓迎式典に参加してきま…

  3. イギリス大学院留学

    ディズニーをめぐる強迫観念

     帰国が迫っているので、お土産などの買い出しにシティー・センターへ。 …

  4. イギリス大学院留学

    到着

    バーミンガムを僕の奥さんが初めて訪れる。彼女を出迎えるためにバーミン…

  5. イギリス大学院留学

    Market Harborough、イギリスの大学制度について質問

    朝、起きてjohnと一緒に犬のCharlieの散歩に出かける。小さな湖…

  6. イギリス大学院留学

    春はまだ遠いか?

    冬のさなかの雨が降ったりやんだりの状況と比べると天気がかなり安定して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イギリス大学院留学

    プレゼン準備
  2. WEB

    暗黒の監視社会?
  3. 広報・PR

    広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白
  4. イギリス大学院留学

    JOHNNY ENGLISHを目指して
  5. 日記

    専門と周辺領域のはざまにあるブレイクスルーのタネ
PAGE TOP