研究

chronicle/spectrum

books_columbian.JPG1893年にアメリカで開かれたシカゴ博覧会について調べている。バーミンガムでの研究対象はこれがメイン。日本での博士論文(まだ仕上げてはいない)は、ある対象をめぐる言説の歴史的変化について主に調べていたのだが、100年近い期間を一気に調べ上げたので、手薄なところがあったことを認めざるをえない。
こちらでの修士論文は、その反省に立って対象と時代をぐっと絞りこんだ。シカゴ博はアメリカで開催された万国博の中でもっとも成功した博覧会とみなされている。人種主義的な民族展示の仕方など、かなり問題含みだが、アメリカにおける文化史的なインパクトはかなり大きい。


日本での研究方法が時代背景をざっと概観するChronicle的なものだったと言える。一方で、今回の研究方法は対象にさまざまな角度から光を当てていくspectrum的な方法をとる予定でいる。
万国博は初の国際的メディア空間だと考えていいだろう。その中で人種、民族、階級、消費、娯楽、政治、言説、表象、都市、国家主義などの意味をアメリカの文化史的な視点を絡めて問い直していく。日本もこの博覧会には国家事業として積極的に参加している。まず、アメリカ側からの日本人や日本の表象を探る。同時に、日本側がどのように自己表象(self-represent)を行ったか、を調べる予定でいる。
朝、指導教官のDr.Lewisに偶然会って、15分ほど廊下で立ち話をする。かなり親切な人で、僕のための文献をネットで調べてプリントアウトしたものを「役に立たないかもしれないけれど…」などと言いながら渡してくれる。
その話の中で、シカゴ博の歴史的周辺の話が出たが、日本での研究で全体像をおおまかにつかんでいるので前後の文脈を自分の中でカヴァーできている、と感じた。日本での博士論文は確かに歴史的な「お勉強」の側面が強かったが、自分の身にはなっていると思うと、ちょっと救われた。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 研究

    サイバーでクールなカタカナ

    このポストモダンな世界に記号はあふれている。しかし、それでも変化や差異…

  2. 研究

    エキゾティシズム

    普通に会話していても、論文などにおいてもエキゾティシズムという語彙僕に…

  3. 研究

    ジャック・デリダ死去

     仏哲学者のジャック・デリダさん死去フランスの…

  4. 研究

    公的意味空間論ノート(花田達郎著『公共圏という名の社会空間』第二章)

    花田達郎はハーバーマスの『公共圏の構造転換』で扱われた< 構造転換>の…

  5. 研究

    人事担当者の未来は明るい?それとも? 今後の人事に求められる機能と役割とは

    企業で人事を担当している皆さん、人事のプロとしてはじめから一流を目指し…

  6. 研究

    アメリカ史を扱った映画

    歴史をヴィジュアルな物語に置き換えたものは強力に記憶に残るので、後々参…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ライフハック

    「機械的な挨拶を避ける」ことで共感センスを磨く
  2. 日記

    私が誤解していた「守破離」の本質
  3. イギリス大学院留学

    楽しそうに働く、楽しく働く
  4. マインドマップ

    自分のマインドマップを改善したい人にオススメの本
  5. 研究

    現在進行形のメディア状況
PAGE TOP