研究

15minutes

15minutes.jpg
午前中に、授業の関係でSilverlake life: The View From Here(1993)を見た。ゲイのカップルの一人がHIVポジティヴを宣告されてから、実際に死に至るまでの記録をVIDEO DIARYとして残した40時間以上にも及ぶフィルムを90分にまとめた作品。主人公が実際に亡くなった後のベッドに横たわった死体は僕にとっては衝撃的だった。午後の授業で、この映画についてディスカッションした。僕はこの映画の中盤まで多用されたクロース・アップの意味について語ろうと思っていたが話の流れ上、heterosexualな世界に対するメッセージ性や政治性に触れるにとどまった。
 夕食を終え、次の授業用のリーディングもわりあい進んだので、リラックスするために映画15 minutesを見る。


 午前中に見た映画は、一人の人間が死ぬまでの過程をじっくり時間をかけて追っていったのに対し、この映画はばたばたと人々が理不尽に殺されていく。見るからにハリウッド映画でブロックバスター(超大作)だという印象を始めは受け、ちょっとシニカルな見方をしていた。しかし、途中からかなりアメリカ文化やアメリカのメディアのありようを強烈に風刺した政治性を持った映画だと言うことがわかってきた。メディアのセンセーショナリズム、アメリカ文化が好む刺激剤としての暴力・殺人・SEX、またある意味で理不尽な法律の抜け道や、さまざまなレヴェルでの行きすぎた超資本主義的な価値観に対する皮肉や批判がストーリーの中に放り込まれている。
 ただ、僕の意見としては、本当のコアな部分では白人男性優位主義的な社会的ヒエラルキーや表象に揺さ振りをかけているとは言えないと思う。表面的ではない部分で、非常に保守的なイデオロギーも感じる。
 それでも、議論や分析のしがいのある映画だという印象を強くした。殺人犯の仲間が映画内でずっとビデオ・カメラを回している。その意味でメタ・フィクション的な視点からも論じることができるだろうし、このビデオ撮影はこの映画を読み解く上で大きな鍵になっている。
 そろそろ、FILM&VISUAL CULTUREクラスのためのペーパーを準備しなければいけないが、分析するフィルム・テキスト候補の一つにしておこうと思う。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 研究

    Boys Don’t Cry

     今回の留学で最後の授業内プレゼンテーションに選んだのがこの映画…

  2. 研究

    The World’s Columbian Exposition

    Norm BolotinとChristine LaingによるThe…

  3. 研究

    米大学で「白人学」相次ぐ開設

    Good Bye Internet .comさんのところで知ったのだが…

  4. 研究

    テロとの戦い?

    アメリカという国は現代の地球や人類にとって、ひどく厄介な存在かもしれな…

  5. 研究

    ル・モンド・ディプロマティーク

    基礎の基礎だけは大学で学んだので、フランス語もドイツ語も辞書を引きなが…

  6. 研究

    Robert Frank

    Robert Frankは第二次大戦後、アメリカを代表する写真家の一人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    The World’s Columbian Exposition
  2. マーケティング

    なぜ比較サイトの成約率は群を抜いているのか?
  3. 日記

    早起きはパンダのコップ
  4. 読書と出版

    『芸術・メディアの視座』刊行
  5. コミュニケーション

    情報を二つのカテゴリーに区別しタイミングを使い分けよう
PAGE TOP