研究

サイバーでクールなカタカナ

最近、ポピュラー・カルチャーにおいて日本語のカタカナをよく見かけるようになった。もちろん、これは映画Matrix(1999)とその続編の影響だろう。黒いディスプレイ上を蛍光がかった反転した緑色のカタカナ文字が垂直にディスプレイの底辺に向けて落ちていく。この映画の代表的な舞台装置だ。 katakana.JPG
また、最近公開されたタランティーノ監督作品KillBill(2003)イギリス国内のポスターにもカタカナで大きく「キルビル」と書いてある。
 この文字が日本語のカタカナだという認識を持っている人は日本人と日本語をわりあい真剣に勉強したことのある人以外にはわからないだろう。
 ただ、ポピュラー・カルチャーの生み出すイメージ(=表象)がわれわれの認識に与えるインパクトはかなり大きい。それは、政治的な意味合いを含むこともあれば、ファッションなどのトレンドを形成する役割を果たす場合もある。


 マトリックスがサイバーな日本語のカタカナ・イメージを形成し、さらにキルビルでのカタカナ採用は「クール」で「危険なにおいのする」カタカナ表象を作り出したような印象を僕は持っている。
 このポストモダンな世界に記号はあふれている。しかし、それでも変化や差異を人々は求め、消費することに貪欲であり続ける。日本語のカタカナは今まで、公になっていなかった新たな記号と言っていいだろう。今まで見たことのなかった新しい記号やイメージは強力な刺激剤となって人々を魅了する。
 イギリスに来てから、たいていの衣類はH&Mで購入しているが、ここにもカタカナをモチーフにしたスウェット・シャツが売られていた。写真はバーミンガムのシティー・センターのH&M内で撮影したもの。クイリリラ?クニトニトモイ?ここに意味は必要とされていない。完全な記号として独立した価値をこの文字たちは勝ち取っているのだから。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 研究

    サブカルチャーについて考え始める

    バーミンガム大学に提出予定のエッセイとして、Ghettocentric…

  2. 研究

    新カテゴリーThe WCE Project

    blogのシステムの中でも、カテゴリーを細かく分けて設定できる機能…

  3. 研究

    ジャック・デリダ死去

     仏哲学者のジャック・デリダさん死去フランスの…

  4. 研究

    アメリカ史を扱った映画

    歴史をヴィジュアルな物語に置き換えたものは強力に記憶に残るので、後々参…

  5. 研究

    『動物化するポストモダン』

    若手批評家の東浩紀による、現代の日本文化をテーマにしたポストモダン論。…

  6. 研究

    ロドニー・キング事件

    1995年のO.J.シンプソンの方は当時、アメリカにいてリアルタイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. English/英語

    TOEFLは卒業
  2. 日記

    最終勤務日、そして送別会
  3. WEB

    osCommerce
  4. ストーリー思考

    重要だけれど忘れられがちな企業ブランディングのポイント
  5. 日記

    文章コミュニケーションにおける個人的課題
PAGE TOP