映画・写真・音楽

Robert Carlyle

RobertCarlyle.bmp
先週末にハリウッド映画ではなく、イギリス映画を見よう、ということで渡英して初めて映画のDVDを買ってきてFACE(1997)を見た。
スタイリッシュな映画だったけれど、それほど深みを感じられなかった。そこにはイギリス特有の「労働者階級の人々の希望を見いだせない八方ふさがりの状況」が一つの犯罪を通して描かれていたが、古典的なナラティヴのわりには、メッセージ性も希薄だった。
僕がそこから読みとったのは「イギリス人のまぬけさ」だったりするが、これはおそらく僕が自分の中にある感情によって恣意的に解釈しただけであって、そこを制作者サイドがあえて描こうとしたとはとうてい思えない。


ただ、冒頭で冷酷無比に見えた犯罪者たちが、嫉妬、愚かさ、弱さ、情けなさ、貪欲さ、という形でどんどん人間らしさを表出していく過程にはいろいろな意味づけができるだろう。
それよりも、気になったのは主人公のRayを演じた俳優Robert Carlyle。漠然と名前は知っていたが顔と一致していなかった。でも、確かThe Full Monty (1997)に出ていたよな、という漠然とした記憶からネットで調べてみると、The Full Montyだけではなく、Trainspotting(1996) にも出演していた。よく考えると、イギリス人の俳優はハリウッドに進出した人々と、ローワン・アトキンソンくらいしか知らないかもしれない。というわけで、メモ代わりにエントリーしておきます。
参照URLs
Yahoo! Movies Robert Carlyle
英語のファン・サイト
Robert Carlyle Works!
日本語のファン・サイト
Flix’s Tribute to Robert Carlyle

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 映画・写真・音楽

    村上隆が語る仕事

     アジアのルールを翻訳する日本人がロジックという時ガチガチで四角四面…

  2. 映画・写真・音楽

    地獄の黙示録

    前からずっと見ようと思っていたが、なかなか見る機会に恵まれなかった映…

  3. 映画・写真・音楽

    ここ数ヶ月で見た映画

    食料品を買いに行く途中で撮影した写真。雨が降りそうな、これから晴れて…

  4. 映画・写真・音楽

    カメラ!カメラ!カメラ!

    四月の初旬、妻の実家を訪れた。その時、彼女の実家で写真スタジオ(両親が…

  5. 映画・写真・音楽

    Daddy Day Care

    機内映画の二本目はDaddy Day Care。一本目がミステリー仕…

  6. 映画・写真・音楽

    『まあだだよ』

    黒澤明監督作品『まあだだよ』を見た。実在の作家、内田 百間(うちだ・ひ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    chronicle/spectrum
  2. 読書と出版

    「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!
  3. 教育

    ジャーナリズム論2(第四回)
  4. 研究

    New Topographics
  5. 日記

    高校時代からの友人、石坂淳と会食
PAGE TOP