イギリス大学院留学

Lord Mayor

council.JPG夕方から、ロータリークラブのイヴェントで、他の奨学生と一緒にシティー・センターにあるCouncil Houseに行って、バーミンガムのLord Mayor(市長)に会ってきました。握手をして、簡単ではあるものの実際に話もする。
また、バーミンガムの栞とバッジを記念にもらいました。栞には、有名なバーミンガム出身者が何人か記してあり、蒸気機関の開発者James Watt(1736-1891)の名前をそこに見つける。そんなことは全然知らなかった。
Councilというからには議会なので議会場を市長に案内してもらい、集合写真の撮影後、市内のバーに移動して食事後、解散。フラットに戻った後はFilm&Visual Cultureクラスのリーディングの続きをする。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    ともかく確認

    本日は時計塔の近くで、大学側からの公式の歓迎式典の後、イミグレーション…

  2. イギリス大学院留学

    刺激が足りない?

     サダム・フセインが拘束された。Yahoo! JAPANのニュース…

  3. イギリス大学院留学

    JOHNNY ENGLISHを目指して

    月曜日でしたが、授業を担当している教授がニューヨークに出張しているので…

  4. イギリス大学院留学

    3度の留学と英語学習の概略

    このページのメール・フォーム経由で留学と英語学習に関する問い合わせや相…

  5. イギリス大学院留学

    National Exhibition Centre

     フランス人でフラット・メイトのナヴィードと、共通の友人であるバングラ…

  6. イギリス大学院留学

    Chicken Tikka Masara

    朝起きてから、久しぶりに落ち着いて読書をする。デスク・ランプがないが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. コミュニケーション

    感情的になることは必ずしも悪くない
  2. ストーリー思考

    シュガーコーティング・メソッド:相手に配慮した伝え方をする工夫
  3. 読書と出版

    『芸術・メディアの視座』刊行
  4. 教育

    blogの大学教育への活用
  5. WEB

    Zen Cart インストール成功
PAGE TOP