イギリス大学院留学

To Jarratt Hall

CIMG0052.JPG
朝食を摂った後、スーツケースのパッキングを確認する。8時には準備完了していたけれど、バスの第一便に乗れなかったのでJarratt Hallへの第二便のバスに乗る。到着し、契約書にサインして鍵を受け取る。僕の部屋は角部屋だった。部屋の窓からは森が見える。スーツケースを部屋には運んだ時点でもう十一時を過ぎていた。賑やかな街の通りに1ブロック歩けば出られる。とりあえず簡単な食料を買う。ベッド・リネンをそろえようと思って街を歩いてみたが、見あたらなかったので30ポンド出してJarratt Hallのレセプションでリネン・セットを購入した。
After breakfast, I reaffirmed packing of my suitcase. Although I was ready to leave Chamberlain Hall at 8 o’clock, I was not able to ride on the first coach to Jarratt Hall. After a while, the second coach took me there. Then, I had to wait for a long time in a long queue. Finally, I signed the contract at the reception desk and received a key of my room. My room is located at the corner of rooms of my flat. When I carried my suitcase to my room, it has already passed 11 o’clock. There is only one block between Jarratt Hall and a lively street. Anyway, I got some food at stores near my flat. Although I tried to find linens for my room there, I couldn’t find them. Therefore, I bought them at the reception of Jarratt Hall. It costs £30.


スーツケースから荷物を取り出して、適当に整理し終えてから部屋からインターネット接続を試みる。うまくいかない。大学でのレジスターが必要だとレセプションでもらったウェルカム・パックに書いてあったので大学の図書館まで行く。フラットから大学の中心までは3分くらい。マニュアルの指示通りに、図書館のパソコンでレジスターを住ませ、フラットに戻ると、もうインターネット接続が確立されていてブラウザにページが表示されていた。
Then, I took my stuff out of my suitcase and sorted them out. Later, I tried to establish the internet connection from my room. But, it didn’t work. Therefore, I read a welcome pack which the reception gave me. It told me that I have to register the internet physical address of my room. Therefore, I went to the main library on campus and registered information which the need at one of PCs there. When I returned to my place, the connection has been already established and some web page was shown in the browser of my PC.
細々としたものを少し歩いたところにある巨大なスーパーマーケットで揃える。レジの20前後のイギリス人がトラベラーズ・チェックの処理の仕方がわからなくて、ちょっともたつく。パスポートを確認したので、パスポート番号を当然控えるのかな、と思っていたらパスポートの写真と僕の顔を見比べて”It looks like you.”(こりゃ、君みたいだね)とにっこりしただけでパスポート番号など一切控えなかった。イギリスってアバウトなんだなあ、などと思う。
 夕飯は近くの通りにあるケイジャン・フードの店でスパイシー・チキン・バーガーですませてしまった。日本では、そんなにケイジャン料理を楽しめる機会もないのでよしとする。ともかく、疲れたので今日は眠ることにしよう。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    楽しそうに働く、楽しく働く

    イギリス人の事務能力の低さや、仕事に対する真剣さの欠如のようなものをい…

  2. イギリス大学院留学

    ディズニーをめぐる強迫観念

     帰国が迫っているので、お土産などの買い出しにシティー・センターへ。 …

  3. イギリス大学院留学

    エスニック料理の楽しみ

    フラットに入居してからずっと自炊です。僕はグルメ志向とか、味にうるさい…

  4. イギリス大学院留学

    mindmanagerでレジュメ作成

     プレゼンテーションの準備として、ブレイン・ストーミングから発表用の…

  5. イギリス大学院留学

    アリストテレスは大男

     今回、ヨーロッパに留学しているんだな、と感じさせられるささやかなこと…

  6. イギリス大学院留学

    ナンを作る

     このセメスターはGuided Readingという、自分が読んだ本に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    あなたの思考を深める読書の流儀
  2. 研究

    現在進行形のメディア状況
  3. ストーリー思考

    あなたは自分のバックストーリーを知っていますか?
  4. 読書と出版

    いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった
  5. 運営者情報

    運営者情報
PAGE TOP