イギリス大学院留学

ともかく確認

本日は時計塔の近くで、大学側からの公式の歓迎式典の後、イミグレーション、学生組合などの話を聞いた後に、留学生向けの英語力の診断テストがあった。ともかく、すぐにハウジングに行くと、昨日と比較するとだいぶ空いていて、わりあいすんなりと担当の人間と話ができた。

一応、大学から今年の3月に送られてきたハウジングのアプリケーションの受付報告の手紙を持参した。担当のおばさんは「あんた、これ締め切りのずっと前に出されているから、絶対大丈夫よ。問題ないわ」と行った後で確認してくれた。契約書を入れた封筒も見せてくれたのでひとまず安心。

わかってるのなら、住所を教えてくれないか、というと、明日チェンバレン・ホールに届くからそれまで待て、と言う。この辺の対応は納得できないけれど、落ち着き先はあるそうなので、お礼を一言口にしてオフィスを出てきた。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    一時避難、そして別れ

    ホテルで朝食を取ってから、ローマへ発つ彼女を見送るためヒースロー空港へ…

  2. イギリス大学院留学

    Queerについて学習中

    授業に関連してqueer関係の文献や記事を読んだり、ネットで関連情報…

  3. イギリス大学院留学

    粋なはからい

    7時になって約束通り、スポンサーであるロータリー財団のカウンセラーDa…

  4. イギリス大学院留学

    ストに突入

    僕の所属するバーミンガム大学のアメリカ・カナダ研究科(つまり大学院)…

  5. イギリス大学院留学

    一時帰国

    一月の最終週(1/23~1/31)、更新が滞りました。というのは、日本…

  6. イギリス大学院留学

    いよいよバーミンガム大学へ

    朝食はシリアル。その後、地図好きだというデイヴィットが所有する巨…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 教育

    ジャーナリズム論2(第二回)
  2. ライフハック

    「機械的な挨拶を避ける」ことで共感センスを磨く
  3. 研究

    グラミー賞、ヒップホップが主流化
  4. ストーリー思考

    ストーリーでブログコンバージョンを高める方法
  5. 連載

    ストーリー思考のビジネス活用法 ~ 「勝利」の形をイメージしよう
PAGE TOP