映画・写真・音楽

Identity

C47-7A.jpg
機内映画を見ました。John Cusack主演のIdentity。ジョン・キューザックは顔の作りだけなら、誰でも認める美形という感じではないかもしれないけれど表情に味がある。機内の前の座席の入っているパンフレットの映画欄を入念に眺めて、キューザック主演ということとタイトルもどことなく何か驚きを与えてくれるものがあるのではないか、という期待をさせるものだったのでこれに決定。
 登場人物は映像的には全部で15人くらいなのだけれど、蓋を開けてみるとそのうち9人は実在するのかしないのか……これ以上書くと完全なネタばれになるのでやめておく。これまでキューザック主演の映画としてはBullets Over Broadway High FidelitySerendipity くらいしか観ていないのだけれど、他の作品とは全然違うある意味では病的な役柄を演じている。プロットの展開としてはReservoir Dogsを連想させるけれど、物語の土台はぜんぜんちがう。自分とは無関係の世界の話だが(関係があったら結構困りもの)、考えさせられるところも結構あった。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. 映画・写真・音楽

    metacritic.com

    Film&Visual Cultureクラスの課題として映画に関する…

  2. 映画・写真・音楽

    Robert Carlyle

    先週末にハリウッド映画ではなく、イギリス映画を見よう、ということで渡…

  3. 映画・写真・音楽

    『ピンポン』

    パートナーがレンタルしてきた『ピンポン』を観た。松本 大洋の原作マンガ…

  4. 映画・写真・音楽

    I’m ready to shoot

    前回の記事の後、大学に出入りしているNikonにカメラをチェックしても…

  5. 映画・写真・音楽

    『まあだだよ』

    黒澤明監督作品『まあだだよ』を見た。実在の作家、内田 百間(うちだ・ひ…

  6. 映画・写真・音楽

    花見、ブリジット・ジョーンズの日記の続編

      正午頃、家を自転車で出て、近所にある航空公園に桜を奥さんと見に行っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!
  2. ストーリー思考

    不可視のバッジの持つ力
  3. 研究

    Queer Studiesの基礎(歴史編)
  4. ストーリー思考

    大きな挑戦ストーリーを語ることで周囲を動かす
  5. ライフハック

    マンダラート:ゲーム感覚を味わえるアイデア発想ツール
PAGE TOP