読書と出版

青木仁志著『一生折れない自信のつくり方 実践編』

はじめに

筆者の講演を録音したCDが本に付属していて、そちらに魅力を感じて購入した本ですが、
本の内容もよかったのでご紹介します。


 

LINK

 
3つのポイント

本書のテーマである自信のつくり方を私なりに3つのポイントにしぼれば、次のようになります。

1.自信のある/なしは自分自身の解釈
2.自分との約束を着実に果たしていく
3.「自分で自分のことを認められるような生き方」を実践する


 
1.自信のある/なしは自分自身の解釈

自信とは、自分に対する肯定的な「解釈」であり「思いこみ」。

したがって、今日、今の瞬間にも変えられる、ということになります。

とはいえ、長年の思考習慣や自己認識に形成されたものなので、そんなに簡単なことではないことも事実。

したがって、自分で自信の持てない領域においては戦略的にポジティブな情報をインプットしたり、自己暗示のようなアファメーションをかけるアプローチが紹介されています。

そのようにして、マイナス認識をプラス認識が上まわるような思考習慣をつけ、自信形成を行うわけです。

 

2.自分との約束を着実に果たしていく

他人に押しつけられたものではなく、自分で決めたことをきちんと達成していくこと、自分にした約束を着実に果たしていくことが自信形成の鍵。

 

3.「自分で自分のことを認められるような生き方」を実践する

他者評価に依存するのではなく「自分で自分のことを認められるような生き方」をすること。

それが自己愛の強化につながり、ひいては自信の向上につながるというわけです。
 

おわりに

上記3点に共通しているのは、自信とは、周囲との関係性や評価による他人軸中心ではなく、あくまで自分軸中心に形成し強化すべきものだということ。

つまり、やれることからコツコツ実践していけばいいわけですね。

自分にした約束を自分に対してしっかり守っていくこと。

なかなか難しいのですが、コツとしてははりきって一度にたくさんの約束をしようとしない、ということでしょうか。

 
 

ひとこと

ダイエットに関して、私が自分に対して課している約束は一つだけ。

毎日、体重計に載り、カレンダーに体重と体脂肪を記録し、ちょっとだけ意識して生活すること。

それだけのことですが、ここ数年の体重の増減は一キロ以内に押さえられています。

きわめてささやかなことですが私の健康面においてちょっとした自信になっています。

[amazonjs asin=”4902222795″ locale=”JP” title=”一生折れない自信のつくり方”] [amazonjs asin=”4902222906″ locale=”JP” title=”一生折れない自信のつくり方 実践編”] [amazonjs asin=”4905154103″ locale=”JP” title=”図解一生折れない自信のつくり方”]

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

      この本の著者はミスター「オサイフケータイ」として海外でも評価が高い…

  2. 読書と出版

    内田樹『下流志向』

    消費主義的なイデオロギーが社会に広く浸透しただけでなく、子供の成長過…

  3. 読書と出版

    『ニチゲー力』

    ニチゲー力―日大芸術学部とは何かposted with amazlet…

  4. 読書と出版

    [新訳]経験経済

    絶版となっていて手に入らなかった『経験経済』に新訳版が出たので購入し…

  5. 読書と出版

    誰かをサプライズさせたくなる本

    アメリカのオフィスを舞台にした映画などを見ていると、サプライズ・パー…

  6. ライフハック

    【ザイガニック効果】あえて脳をざわつかせて活性化する読書術

    あなたはザイガニック効果をご存知でしょうか。「未完結な情報や途中で中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    友の死を悼む
  2. 文章術

    MECE(モレなくダブリなく!)を活用するための3つの切り口
  3. 日記

    ご報告
  4. イギリス大学院留学

    歓迎式典
  5. デザイン

    肝心なのはメディア・ニュートラルの姿勢
PAGE TOP