日記

仕事上の失敗を通して気づいた自らの誤認識、そこから学んだこと

 
あなたは仕事に取り組んでいるとき、何を大切にしていますか?

仕事上、大切にすべき3つの柱があると私は考えています。

「クオリティ」
「スピード」
「付加価値」

どれもおろそかにできない大切な要素です。

そんな偉そうなことを書きつつ、つい最近までかなり怪しいことになっていました。



 

いつの間にか……

仕事上たまたま数ヶ月の間、複数のトラックが走ることになり、非常に多忙を極めました。
その間、いつも思っていたのは「締め切り厳守!」。

それを強く意識するあまり「スピード」を優先というよりむしろ頭の中がそれだけになっていました。
自分では気づかなかったのですが……
 

つい先日……

つい先日、締め切り内に形にできるかどうか微妙なデザイン制作の案件が浮上してきました。

この件の関係者で、ある業界で押しも押されぬプロフェッショナルの一人であるX氏に電話し、次のように提案しました。

「クオリティ優先でプランAでやってきましたが、クオリティはいくぶん下がりますが
プランBなら当初の締め切りに間に合わせることができます」

この提案に、X氏は「そういった形のBプランをとろうとは思わない」と私に断固とした口調で告げました。

そこで、ハッとしました。
私の頭の中は「締め切り」でいっぱいになっていたので、提案したときは、それが合理的な選択肢に思えていたのです。

しかし、業界のトップを走ってきたX氏に「クオリティ」を犠牲にしてまで締め切りを優先するという考え方はありませんでした。
言葉にはされていませんでしたが、そんな中途半端な仕事を残すわけにはいかないという気持ちを電話越しに私は感じました。
 

気づいたこと

この出来事は、私がいつの間にか忘れていた大事なことを思い出させてくれました。

つまり、仕事における「スピード」以外の大切な要素、「クオリティ」であり「付加価値」のことです。

実際、「クオリティ」をおろそかにすると仕事は雑になります。
「付加価値」を生み出すための創意工夫の姿勢を忘れると
仕事は義務感に満たされた味気ないルーティーンワークになります。

また、締め切り最優先で「スピード」だけを重視して仕事に取り組むことは
「タイム・プレッシャー」のみを意識して仕事をしているということになり、精神的にかなり窮屈になります。
仕事がつまらなくなる原因となります。

ここ数ヶ月なんとなく体が疲れやすいな、とも感じていた理由もそこにあったことに気づきました。
 

優先順位の明確化

こうした失敗から何かを学び取らないと、非常にもったいない。
そこで、仕事上で大切にすべき3つの柱を今までのように横並びでなく、明確な優先順位をつけることにしました。

その結果は、次のようなものです。

1.「クオリティ」
2.「スピード」
3.「付加価値」
 

その理由

まず1番目に「クオリティ」を位置づけた理由。
クオリティを優先しないことには、自分の責任を果たし、クライアントに喜んでいただくことができません。
自分の仕事にも誇りを持つことができません。
拙速にならないためにもこのことを肝に銘じておくべきです。

次に2番目に「スピード」を位置づけたのは、やはり「締め切り」を厳守するのは大切だからです。

仕事において「クオリティ」と「スピード」を両立させることは最も基本的な約束になります。

3番目に「付加価値」を持ってきましたが、これは仕事の成果をあげる上での一番の鍵となります。

「こうしたら喜んでくれるのではないか?」
「驚いてくれるのではないか?」
「便利に感じてくれるのではないか?」

そうした自分なりの仮説を「企み」をもって実行し、仮説を検証するのが「付加価値」の創出です。

これにより、クライアントの期待を上まわる仕事を実現できれば評価を得られるでしょう。

もちろん、空振りに終わることもあります。
その場合も、経験値だけでなく、
別のアプローチが必要だという将来の判断材料を手に入れることができます。

そして、ここが仕事における一番のエキサイティングな「お楽しみ領域」でもあるはずです。
 

おわりに

正直なところ、締め切り厳守で頭がいっぱいになっていた数ヶ月間は
「付加価値」の創出なんてことはきれいさっぱり忘れていました。

その意味で、いい仕事をしていくためには、
仕事を楽しむ常にキープすることも大切だと再認識しました。

いろいろな壁にぶつかることを通して、格好悪く、学びながら、ゆっくり成長している37歳。
阿久澤 騰、まだまだ修行中の身です。

 

追伸:

このあたりの頭の整理をした日以降、疲れやすくなっていた体がもとの状態に戻りました。
頭と体は本当に密接に連動しているのだなあ、と再認識した次第。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 日記

    リハビリ中

    今月の21日にパートナーのオフィスが移転になった。それ以前は、僕の住ん…

  2. 日記

    ブロガー名刺

    セミナーやイベントの交流会用にブロガー名刺を作ってみました。作ろ…

  3. ストーリー思考

    『物語マーケティング』著者 山川悟氏にお会いしました

    2009年に新宿紀伊国屋書店で購入した『物語マーケティング』。…

  4. 日記

    例会出席

     イギリス留学への出発が間近に迫っています。今回の留学は世界各地に支部…

  5. 日記

    ドミニカ共和国 公使参事官と打ち合わせ

    仕事の打ち合わせで、2度目のドミニカ共和国大使館訪問。 公使参事官(…

  6. ライフハック

    ロンドン・オリンピックで再確認した「エベレスト理論」とその効果

    はじめにロンドン・オリンピックが閉幕しました。今回、大会前からさま…

コメント

    • izumi nobuko
    • 2011年 4月 28日

    パソコンは 初心者なほうです。 現在 SNSは 特にはやっていませんが
    夫はコンピューターの技術者です。インターネットの有用性や 使い方などについて
    最近考えていて、ウェブログ のキーワードから こちらを読ませていただきました。
    ミクシーなどでも 顔や名前の見えないブログには少し抵抗感がありましたが、
    本当に 楽しめて勉強になる ものも数多いんだなあ、と この頃になって思います。
    お仕事の優先順位 のお話は、自分は主婦なのですが 家事でも あてはまることも
    あると思い、とてもよかったです。 

    • akuzawa
      • akuzawa
      • 2011年 5月 15日

      書き込みありがとうございました。

      家事も大変ですよね。 

      私も週末に簡単な手伝いくらいはしますが
      その時はクオリティよりともかくスピード・効率重視です。 
      家事の終わった後、いろいろやりたいことを頭に浮かべながらすると
      はかどります。

      私の個人的なつぶやきがizumiさんの
      日常を振り返る上での
      ちょっとした材料になってくれたのなら
      これに勝る喜びはありません。

      最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 広報・PR

    広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白
  2. マーケティング

    売ることと買うのを手伝うことは全く違う別のこと
  3. 連載

    ストーリー思考、はじめの一歩 ~ 基本のフレームワークを理解しよう
  4. 日記

    短い歩みの中に ちょっとしたドラマ
  5. ストーリー活用事例

    「シルク・ド・ソレイユ型会社案内」のススメ
PAGE TOP