広報・PR

広報について完全なる無知・無理解の歴史を告白

「広報って実際、どんな仕事をしているのですか?」

そう尋ねられることは少なくありません。

今でこそ、企業の広報を担当してきた経験からすらすらと答えられますが、
実際、阿久澤自身、過去を振り返るとまったく無知で理解していませんでした。

その存在さえ知らなかった時代

たとえば、2000年ワシントン州立大学留学中に、
同じ寮のアメリカ人の友人ジョシュと食事をしていたときのこと。

阿久澤「ジョシュ、君の専攻って何だったっけ?」

友人「Public Relations(広報)だよ」

阿久澤「Public Relations?(公的な関係性?←誤訳) 将来どんな仕事をすることに役立つ専攻なんだい?」

ジョシュ「いろんな企業や組織に広報担当者がいたり、広報担当の部署があってね、その企業や組織のコミュニケーション活動全般をコントロールする仕事なんだ」

阿久澤「企業や組織のコミュニケーション活動全般をコントロール……?」

ジョシュ「ほら、報道発表をしたり、プレスリリースをだしたり、投資家向けの情報を公開したり……」

阿久澤「……なるほど、たとえばホワイトハウスの報道官とか?」

ジョシュ「まあ、報道官もPublic Relations担当者だね……僕がなりたいのは民間企業のPublic Relations担当者だけど」

そんなやりとりがありました。

とはいえ、当時Public Relationsの一般的な日本語訳が「広報」であること自体、ピンときていませんでした。だからこそPublic Relationsに関する話題を再度彼に持ち出すことはありませんでした。

今考えると、もったいないことですが。

おわりに

実際、広報に興味を持ち、その意味を理解するようになったのは、日本帰国後、今度はイギリスの大学院へ留学し、さらに帰国して大学の助手になってからのことでした。

といったわけで、若い頃から広報の仕事に就こう!と決めていたわけではありません。

その後、いくつかの偶然が重なって、広報の仕事は面白い、自分のモノだ!と思うようになっていくわけです。

長くなるので、それはまた後ほど書くことにします。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 広報・PR

    Yahooトピックスの選定基準

    午後、17:30に会社を出て渋谷から地下鉄に乗り、九段下下車。18:3…

  2. 広報・PR

    新聞スクラップ

     会社で購読している新聞に目を通して、会社のビジネスに関連ある記事を…

  3. 広報・PR

    取材、カタログ制作、仮説の重要性

     午前中から正午にかけて先日のプレスリリース(関連記事)を読んでくれ…

  4. 広報・PR

    会社案内を制作しました

    企業の広報担当者は会社のイメージやブランドの管理人でありプロモーター…

  5. 広報・PR

    ピカソとゴッホの人生に見るPR力の差

    ピカソとゴッホ。どちらも名だたる大芸術家です。しかしながら、二人…

  6. 広報・PR

    枝野官房長官のクライシス・コミュニケーション

    現在進行中のクライシス・コミュニケーションについて思ったこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. デザイン

    肝心なのはメディア・ニュートラルの姿勢
  2. イギリス大学院留学

    National Exhibition Centre
  3. 広報・PR

    宣伝会議・塚岡さんと会食
  4. マインドマップ

    「鳥の目」 「アリの目」、あなたはどちらのタイプ? 
  5. 日記

    私が誤解していた「守破離」の本質
PAGE TOP