日記

今年の節分は……

2月3日は所属会社が運営全般を担当した国際会議の本番でした。


参加者300名規模で某省庁主催のフォーマルなもの。
昨年12月からかなりの時間をかけてきたプロジェクトの集大成の日だったので
気持ちが入りました。緊張感もありました。

また、デザイン部門のディレクターとして
当日資料として配付する印刷物のすべてのとりまとめを担当したので
しあがった印刷物が参加者や招聘者の手に渡っているのを見て感慨深いものもありました。
ひたすら、PCに向かってDTP作業をしていた日々が報われたな、そんな思いを強くしました。

結果として、その国際会議は成功に終わり、ほっと胸をなで下ろしました。

撤収作業などをすませ、会社に立ち寄った後、帰宅。

「家で子供たちと豆まきをして、今年は私が鬼役を……」妻がそのように話を始めて、
「ああ、今日は節分だったんだ」と気づいた始末。

そういったわけで今年は恵方巻きも食べませんでした。

ともかく、大きいイベントやプロジェクトは
準備から実施まで、形にしていくまで
やることが多く、そのプロセスにおいては
精神的にも肉体的にもきついと感じる場面も多々あります。

しかし、ゴールを達成するとその後は
甘美な思い出に瞬時に変わります。

このプロジェクトに取り組めてよかったな、と
感謝の思いを感じるようになります。

ともかく今はちょっとした開放感を味わっています。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 日記

    調べもののため国立国会図書館へ。有楽町駅で乗り換えるとき怒れる経済学者…

  2. ストーリー思考

    WebマガジンCAZANAで連載スタートしました!

    次世代サラリーマンたちの働く未来を考えるWebマガジンCAZANAで連…

  3. 日記

    右脳=芸術脳

    左利きの人間は右脳が発達していて芸術方面に関する才能が豊かであると…

  4. 日記

    ある秋の思い出

     1995年のある秋の日。 その日、私はホームステイ先からサンディ…

  5. 日記

    マジックハンド越しの微妙な距離感

    2月3日の朝のことでした。 (さらに…)…

  6. 日記

    2008 芸術祭 N-1グランプリ

    11/1~3は 勤務先の日本大学芸術学部の文化祭、芸術祭でした。昨…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    多摩テック
  2. 読書と出版

    中原中也賞
  3. WEB

    インターネットの歴史を8分で解説する動画
  4. 読書と出版

    クリエイティブ・コモンズの精神を知る -『FREE CULTURE』-
  5. イギリス大学院留学

    歓迎式典
PAGE TOP