生活者を消費ステージに呼びこむストーリーのチカラ

ストーリーが人の消費行動に大きな影響力を持つことがあります。

私自身、一つのストーリーの影響下で
ミネラル・ウォーター、ボルヴィックを一定期間買って飲み続けました。

今も、店頭でミネラル・ウォーターを買うときはボルヴィックが多いです。

ボルヴィックの味が他のミネラル・ウォーターと比較して好みだということもありますが、その主な原因は「1L for 10Lプログラム」キャンペーンの存在です。

20100106water_story.png

このキャンペーンは1リットルの水を買うと
アフリカに10リットルの清潔な水が生まれる、というもの。

具体的には、ボルヴィックの売り上げの一部がユニセフに寄付され、
その寄付金が井戸を掘るなどアフリカの人々の
飲み水を生み出す活動に活用される。

「悪くないアイデアじゃないか」
私はこのキャンペーンが気に入りました。

なぜなら、そこに意味、さらに言えばストーリーを見いだしたのです。
自分の日常の買い物が誰かのためになる、社会貢献になる。
私はこのストーリーのステージにあがることを自ら選び、行動しました。

他のミネラル・ウォーターと比較して多少値段が高い場合でも迷いません。

20130507shoppincart
photo credit: Navicore via photopin cc

このように消費のステージに生活者を呼びこむ力をストーリーは持っているわけです。

あなたも何らかのストーリーに影響されて生きていることを実感することはありませんか?

あったら、このエントリーのコメント欄を使ってぜひお知らせ下さい。

関連記事

  1. ストーリーでプロジェクト推進力をアップ

  2. ワークショップ「マインドマップとストーリー思考のススメ」無事終了のご報…

  3. ストーリーを活用すれば仕事が楽しくなる

  4. その日をラベリングする見出しをつけてみる

  5. ストーリー形式のオーディオブックを好む3つの理由

  6. 正しいだけでは目標の半分までしか到達できない

  7. 共感型ストーリーの成立条件

  8. ミニ・ストーリーでコミュニケーションをスムーズに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ