ある秋の思い出

20091028hellowin.png
 1995年のある秋の日。
 その日、私はホームステイ先からサンディエゴ州立大学付属の語学学校にバスで通っていました。
 あちこちのバス停から奇妙な格好をした人間が乗り、その数は大学に近づくにつれ増えていきます。


素知らぬふりをしていましたが、3分の一ほどのバスの乗客がコスチュームの状態だったので異様な感じを受けました。
 大学に着くと、一部ハロウィンの飾りつけがありました。
ああ今日はハロウィンなのか、だから仮装してきた学生がいたのか、とやっと合点がいきました。
ハロウィンのたびに、その時のことを思い出します。

関連記事

  1. 33歳のブルース・ハープ・デビュー

  2. 研修旅行に初参加

  3. 熊谷保宏先生、ありがとうございました

  4. スマートノートからPDCAノートがスピンオフした件

  5. dirbertがWEBで読める

  6. 江戸ワンダーランド 日光江戸村 2016 【1/3】 変身処での衣装替…

  7. 年頭のご挨拶

  8. 外交アナリスト吉田信三氏にお会いしました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ