日記

ある秋の思い出

20091028hellowin.png
 1995年のある秋の日。
 その日、私はホームステイ先からサンディエゴ州立大学付属の語学学校にバスで通っていました。
 あちこちのバス停から奇妙な格好をした人間が乗り、その数は大学に近づくにつれ増えていきます。


素知らぬふりをしていましたが、3分の一ほどのバスの乗客がコスチュームの状態だったので異様な感じを受けました。
 大学に着くと、一部ハロウィンの飾りつけがありました。
ああ今日はハロウィンなのか、だから仮装してきた学生がいたのか、とやっと合点がいきました。
ハロウィンのたびに、その時のことを思い出します。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 日記

    南実 2歳の誕生日

    一年に一度やってくる9並びの日付は、我が家族にとっては一人娘南実の誕…

  2. 日記

    三島で鰻を食らう

     台風の最中、ワシントン州立大学時代の仲間たちと、香織さんの地元の静…

  3. 日記

    アナログな万年筆の手書き文字に癒される

    高校生の一時期、大人ぶって、いわゆる高級万年筆を使っていました。 p…

  4. 日記

    サンディエゴ時代からの友人と食事

    1995年にサン・ディエゴに留学したときからの友人、Shozo。※…

  5. 日々の記録

    ビート・ジェネレーションの思い出

     ティーチング・アシスタントの新年度初出勤日だった。新任の非常勤講師の…

  6. 日記

    短い歩みの中に ちょっとしたドラマ

    本日、急に寒くなりました。日中の最高気温は東京で14度。とりわけ帰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. WEB

    電子マガジン Manyo -万葉-
  2. ライフハック

    「集中する仕組み」というライフハック
  3. イギリス大学院留学

    アメリカ研究科訪問
  4. ストーリー思考

    完全無欠のヒーローの自慢話なんか誰も聞きたくない
  5. 教育

    成長のシナジー効果が起こりうる授業スタイルとは
PAGE TOP