読書と出版

誰かをサプライズさせたくなる本

reading_publishing.jpg
アメリカのオフィスを舞台にした映画などを見ていると、サプライズ・パーティーの場面に出くわすことがよくあります。
party_people.png
 そうした場面にあなたならどのように反応するでしょうか。
 なんだか楽しそう、自分もやってみたい、と思うかもしれません。
 仕事中なのに不真面目じゃないか、といった見方もあるでしょう。
 文化的な違いで理解不可能、という感想を持つでしょうか。


 そうした状況を理解する上で参考になる本が小山薫堂著『人を喜ばせるということ』です。
books_about_surprise.png
 小山薫堂氏はアカデミー賞の外国映画部門賞を獲得した『おくりびと』の脚本を担当した人物。「料理の達人」「カノッサの屈辱」などユニークな番組を企画した放送作家でもあります。
 本を開くと、ひたすら著者がサプライズを仕掛けたり、サプライズさせられたりという事例が紹介されています。
suprise.png
 どれもなかなか工夫のあるサプライズで、しかもスリルや楽しさがこちらにも伝わってきて、途中でページをめくる手がとめられなくなるほど。
 しかし、単なるサプライズ事例集ではありません。
 サプライズには単なる仲間内の儀式である以上に素敵な効用があることをこの本は気づかせてくれます。
 サプライズすること、サプライズさせられることによって、人と人とのつながりや絆が深まっていくことがよく伝わってくるからです。
 読了後、あなたも身近にいる誰かをサプライズさせたくなることうけあいです。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 読書と出版

    実はスゴ本 初心者のための「人間心理」入門書

    あなたは人間の心理に理解がある方だと思いますか。 (さらに&hell…

  2. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

      この本の著者はミスター「オサイフケータイ」として海外でも評価が高い…

  3. 読書と出版

    中原中也賞

    こちらは最近話題になったらしい、若い芥川賞受賞者との関連でエントリーさ…

  4. 読書と出版

    いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった

     100ページに満たない短い翻訳書で、さらりと読んでしまいました。…

  5. 読書と出版

    『メディア・リテラシー』刊行

      執筆者の一人として第一章を担当した  芸術メディア研究会編 『…

  6. 読書と出版

    『ブランド戦国時代』

    イメージ文化を理解する上で、その中核を担っているといっても過言ではない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 映画・写真・音楽

    ダーク・スティール
  2. 読書と出版

    多摩テック
  3. お役立ちサイト/サービス

    ロゴデザインのインスピレーションを提供するサイト
  4. イギリス大学院留学

    楽しそうに働く、楽しく働く
  5. 日記

    年頭のご挨拶
PAGE TOP