ライフハック

RSSリーダーのススメ

 banner_lifehack.gif
気になるブログやウェブ・ページがあり、何か新しい情報やコンテンツを期待して訪れても更新されていなくて、がっかりした経験をあなたはお持ちではありませんか?
rssreader.jpg
毎日更新されているブログやウェブ・ページも稀にあります。しかし、このブログもそうですが、不定期で更新されるものがほとんどではないでしょうか。数年単位で更新されていない凍結状態のブログやウェブ・ページもたくさんあります。


検索エンジンやお気に入り経由で、ブログやウェブ・ページを訪れたのに、更新されていなかった。そのような無駄足による「がっかり感」や時間の浪費を回避する手段はあります。驚くほど手軽に導入できるのに、私のまわりの人々はほとんど使っていません。さて、その手段はいったいどのようなものでしょうか。
それはRSSリーダーです。RSSリーダーとは何でしょうか?それは、あなたの代わりに、あなたのお気に入りのブログやウェブ・ページを四六時中見張ってくれる、忠実な番犬のようなものです。
RSSリーダーにあなたのお気に入りのブログや気になっているウェブ・ページを登録しておけば、コンテンツが更新されたときに限り、更新情報の要約を忘れずにあなたに通知してくれます。
要約を読んで、さらに読んでみたいと感じた記事をクリックすると実際のブログやウェブ・ページにすぐ移動することができます。試してみるとわかりますが、これは実に便利です。
RSSリーダーのほとんどが無料で利用できます。あなたもご利用になってはいかがでしょうか?
ここでは、私も使っているRSSリーダー、Livedoor Readerの導入を例にとって紹介したいと思います。初心者から上級者までかゆいところに手が届くサービスになっています。
livedoor_reader.jpg

Livedoor Reader

必要事項を記入し、新規登録をすませログインしてみましょう。
たとえばこのサイトをRSSリーダーに登録するにはどうすればいいのでしょうか?
まず、サイトのページにある「このページを購読」ボタンを押してください。
RSS_reading_icon.jpg
すると、URLアドレスの窓の中に、http://akuzawa.net/atom.xml というアドレスが出てくるのでこれを選択してコピーしておきます。
akuzawa_atom.jpg
その状態でLivedoor Readerに戻り、追加ボタンを押しましょう。
rss_add_buttun.jpg
すると、このような画面が出てきます。
rss_add_finish.jpg
先ほどコピーしたURLを貼り付け、追加ボタンを押せば登録完了です。他のサイトも同じようにどんどん登録していきましょう。
それ以降、Livedoor Readerにログインしさえすれば、更新された情報を一目瞭然でチェックすることができます。
とても便利です。
さらに、私の場合、Livedoor ReaderにGoogle アラートを組み合わせて利用しています。Google アラートとは気になるキーワードを登録しておくと、そのキーワードを含む情報が更新された時にその要約を教えてくれるサービスです。自分が気になっているキーワード周りの最新動向を継続的にウォッチすることができるのでこれも便利。重宝しています。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  5. 「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所

関連記事

  1. ライフハック

    夢に目次を!

    はじめに  多くの人が大きな夢や希望を抱いています。 しか…

  2. ライフハック

    簡単だけど、ほとんどの人がやっていない「自分の成長を実感する」方法

    あなたもおそらく夢や目標を持っていると思います。そうした夢や目標に「…

  3. ライフハック

    テンプレート提供サイトを利用して手早く文書作成

     文書をそつなく、手っ取り早く完成させたい。そんな時、重宝するの…

  4. ライフハック

    あなたのテンションを25%アップする拍子抜けするほど簡単な1つの方法!

    正直言って、自分のテンションは高いとも低いとも阿久澤は言いかねます。…

  5. ライフハック

    図書館活用法

    読書家の端くれで、毎月30冊近い本を読んでいる。読み方によっては50冊…

  6. ライフハック

    リアルタイムに時間の使い方を記録する

    一日が24時間であることは誰にとっても同じ。「時の世界では、富裕な貴族…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    メモロ・ジャパンのみなさんと
  2. WEB

    暗黒の監視社会?
  3. イギリス大学院留学

    Chicken Tikka Masara
  4. WEB

    使えるフリーソフトたち
  5. 日記

    転職のご挨拶
PAGE TOP