約634gのポケットスタイルPC VAIO「type P」発売

banner_diary.gif
現在の執筆環境のメインはシグマリオン3(docomo)+付属のATOK+それにアイデアプロセッサのIdea Tree。この環境に非常に満足している。なんといってもシグマリオン3の魅力は約 455gの鞄に入れての持ち運びが苦にならない軽さ
sony-p-012.jpg
しかしながら、シグマリオン3は既に生産を中止しており、将来的には買い換えなくてはならない日が必ずくる。
そこで新製品が発売されると必ずチェックするのは、その重さ。今回のVAIO「type P」は約634gなので、その重量でシグマリオン3にかなり肉薄する


参考URL

ガジェットとしてはかなりヤバい領域ですね、個人的に。シグマリオンとか思い出すなぁ。
ソニー、封筒サイズの「VAIO type P」発表(NETAFUL)

やはり僕と同様にシグマリオンとダブらせている人は多いと思う。

私自身ブログで何度か「シグマリオン」について書いてきていますが、シグマリオンも2台持っており、今でも時々利用しています。
VAIO type P を買おうかなと思っています。ソニースタイルで(『ビジネス2.0』の視点)

僕もこの方と同じくシグマリオンを二台所有しています。一台はメイン機で一台はスペア。やはりシグマリオン愛好家には気になるガジェットということですね。

即座に購入とはならないかもしれないが、将来のシグマリオン3後継機の現時点での筆頭候補と言えそうだ。また、このサイズのポケットPC市場がこの製品をきっかけににぎわうことも期待したい。

関連記事

  1. 外交アナリスト吉田信三氏にお会いしました

  2. 家族三人の暮らしがスタート

  3. 「文芸人」の全体レイアウト作業

  4. 医療タイムス 林兼道取締役会長と会談

  5. 殴られ、歯を折られた?

  6. アナログな万年筆の手書き文字に癒される

  7. 仕事上の失敗を通して気づいた自らの誤認識、そこから学んだこと

  8. 文章コミュニケーションにおける個人的課題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ