日記

殴られ、歯を折られた?

banner_diary.gif
「もう大変なんだよ、職場に知れたら大変だから、ともかく一緒にあやまってほしいんだ……」などと語る電話がかかってきたという。
suspisious_20081001.jpg
そう語ったのは、僕をにおわせる人物(?)だったとのこと。とはいえ、僕本人はそんな電話をかけた覚えはない。


この電話を受けたのは実家の母。声質が僕のものと明らかにちがうので、それを母が指摘すると、
「殴られて歯を折られちゃったから声がうまく出ないんだ」などと説明したという。
普通に考えれば、歯を折られても、声帯に変化は起こらない。ゆえに声質はかわりっこない。詭弁もいいところだ。
そう、それは、いわゆる一つの「オレオレ詐欺」の電話だった。
母が父に電話を代わると言った途端に電話は切れ、詐欺は未遂に終わった。
母と話した時点で詐欺電話の人物が語った話には、具体的なディテールがほとんどなかった。
何が大変で、なにを誰にあやまるべきなのか、どうして歯を折られなければならなかったのか……何もわからない。謎だらけだ。おそらく、相手の反応を見ながらディテールを組み立てていくというやり口なのだろう。
電話を受けたのが深夜近くで、実家の両親は既に寝入っていたということだから、はた迷惑な話である。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出
  5. 「こだわり」のストーリー企業、土屋鞄製造所

関連記事

  1. マインドマップ

    「鳥の目」 「アリの目」、あなたはどちらのタイプ? 

    人間観察をしていると、人の視点の置き方には一定の癖があることがわかりま…

  2. 日記

    気を抜けない

    現在、会社のサービス・ラインナップのカタログを制作中。制作物は、切り…

  3. 日記

    谷田大輔氏ブログを制作

    株式会社タニタ前代表取締役会長(現株式会社タニタ総合研究所所長)、エコ…

  4. 日記

    右手首骨折、はじめての入院・手術、全身麻酔のインパクト

    はじめに昨年の11月30日、息子と一緒に参加した朝日新聞主催の親子…

  5. 日記

    あけましておめでとうございます

    例年は、年末年始は妻の実家である山梨、僕の実家である群馬の方へ厄介に…

  6. 日記

    高校時代からの友人、石坂淳と会食

    仕事を終えた後、高校時代の同級生と職場近くの新宿のインド料理屋で会食し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ

    研究者のためのブログ入門講座
  2. 研究

    『ヴィジュアル・カルチャー入門』
  3. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』
  4. 研究

    憎悪と戦争の心理学
  5. 研究

    Postmodernity
PAGE TOP