イギリス大学院留学

Vanley Burke現る

VanleyBurke.bmp
The City in European and American Photographyの授業に、著名な黒人写真家Vanley Burkeがやってきた。
彼が提出したイメージの重要性に関してはStuart Hallなどをはじめ、多くの研究者が言及し、論じている。なぜか。彼は世間に流布するいわゆる黒人ステレオタイプとはまったく別個のオルタナティヴにあたる黒人表象を提出し続けてきたからだ。
黒人ステレオタイプとは、いわゆる白人社会が好んで構築してきたし、われわれ日本人もメディアなどを通じてそれを共有していると言っていい。たとえば、暴力的、貧しい、犯罪に関与しやすいなどといったものはその代表だろう。ステレオタイプは極端な人間像を提出する。黒人の場合、ストリート・ギャング、ドラッグ・ディーラー、スポーツ選手、コメディアンといったものが代表的だろう。


Vanley Burkeが提出する黒人表象はそういった極端な、特別な人々ではない。ごく普通の人々がフレームの中で、泣き、笑い、喜び、恥ずかしがったり、おどけたりしている。そういった表情の中から、われわれは人種的な要素うんぬんよりも、そのイメージから血の通った人間味を感じ取ることができる。普通の人々の人間味のある表情、それが黒人ステレオタイプを脱構築し、書き換える可能性を多くの研究者や批評家は見いだしている。
彼自身の文章(Here I Stand)を読んだが、非常に素朴な人物だという印象を受けた。教室にやってきた彼もやはり木訥で愛嬌のある人物だった。一時間以上に渡って、写真との出会いや、写真を通して自分が経験してきた貴重な体験などを語ってくれた。また、新聞などのメディアに自分の写真を売らない理由、結果としてフリーランスという形をとっているが経済的にはかなり苦労してきたこと、また現在進行中のプロジェクトについてなどの話が特に興味深かった。
参照WEB PAGES
Vanley Burke(Birmingham City Council’s website)
Through the eyes of Vanley (BBC)
Black Britain

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    JOHNNY ENGLISHを目指して

    月曜日でしたが、授業を担当している教授がニューヨークに出張しているので…

  2. イギリス大学院留学

    帰国までカウントダウンの日々

    イギリス、バーミンガムでの滞在期間が既に一週間を切った。昨日、宅配業…

  3. イギリス大学院留学

    mindmanagerでレジュメ作成

     プレゼンテーションの準備として、ブレイン・ストーミングから発表用の…

  4. イギリス大学院留学

    一時帰国

    一月の最終週(1/23~1/31)、更新が滞りました。というのは、日本…

  5. イギリス大学院留学

    ディズニーをめぐる強迫観念

     帰国が迫っているので、お土産などの買い出しにシティー・センターへ。 …

  6. イギリス大学院留学

    Siemens A50

    イギリスにいる期間は長くて一年なので携帯電話を購入する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    節分
  2. 日記

    マジックハンド越しの微妙な距離感
  3. 読書と出版

    『ブドウ畑で長靴をはいて』
  4. 運営者情報

    広告情報誌「企業と広告」2018年3月号にエッセイを書きました
  5. イギリス大学院留学

    文献探索
PAGE TOP