日記

ビザ取得準備


2003年11月より、イギリスに6ヶ月以上滞在する者は入国にあたってビザを要求されるようになる。9月渡航の予定の僕には、必要はないようだが一時帰国する可能性などもないとは言えないのでその時に再入国の手続きに心を砕きたくないのでビザを取得していくことにした。


英国大使館から昨日、電話があり、面接の予定日と時間が知らされた。面接のさいに持ってきてほしい書類があるということだった。一部手元にない書類や証明書が要求されたので本日はそれを入手するために動いた。

まず、本籍を置いている練馬区役所に出向く。書類自体はあっと言う間に入手できた。区役所前の大通りをはさんで向かいに学習塾伸孝学園が見えた。僕はしばらくの間、ここで塾講師のアルバイトをしていた。ちょっと立ち寄ってそこの塾長と立ち話をする。駅前に教室を移転するらしい。まあまあ経営状態はいいのだと思う。設備投資をいろいろとしていた。

その後、大学へ。証明書の申請の後、大学院生用のロッカーの鍵を返却する。留学先に持っていっても邪魔になるし、日本に置いておいても紛失したりすると厄介だからだ。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. 日記

    ロシア語

    先月、刊行予定の本の翻訳チェックの仕事を一つ終えた。これは、学部時代に…

  2. 日記

    母校の名前が

    蒼井優、日芸演劇学科合格  (Yahoo!ニュース )女優蒼井優(…

  3. 日記

    毛布の浮遊

    毛布が飛んだ。そして、消えた。 出勤中、最寄り駅近くで携帯電話に奥…

  4. 日記

    文章コミュニケーションにおける個人的課題

      レゾナント・コミュニケーション、共感型コミュニケーションをこの…

  5. 日記

    べつやくメソッド

    最近知ったのだが、感情や思い出を円グラフで表すユニークな表現手法が一部…

  6. 日記

    喫煙行動のアウトドア化

    勤務先の大学の最寄り駅に始業時刻より30分ほど早く着いた。そこでドトー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 教育

    文芸特殊研究1(第一回)
  2. 運営者情報

    阿久澤 騰 執筆リスト
  3. イギリス大学院留学

    アリストテレスは大男
  4. 研究

    Trinh T. Minh-ha
  5. イギリス大学院留学

    プレゼン準備
PAGE TOP