腰痛対策グッズの決定版!バックジョイ(backjoy) 2つ目を購入しました!

2013年6月にバックジョイを購入したことは以下の記事に書きました。

腰痛対策に骨盤ケアクッション バックジョイ(backjoy)を購入

その効果を確信したこともあり、今回2つ目のバックジョイを購入しました。

バックジョイプラス ポスチャークッション シーブルー/Sea Blue

前回は黒のreliefでしたが今回は青のposture+。前回と同様amazonで購入。

20140113posturepulus

バックジョイは長年悩まされてきた腰痛から私を解放してくれました

オフィスでデスクに向かって仕事をしている時間が多いので、購入したバックジョイは勤務先に持っていって使っていました。

ただ、年末に自宅でも使いたいと思い、一時的にオフィスから持って帰ってきました。そして、ちょっとした実験のつもりで年末年始、あらゆる環境で使い倒してみました。

車に乗るときも、群馬の実家に帰省したさいも、リビングのソファーの上でも。それこそカフェにノートパソコンを持ち込んでごにょごにょ(?)するさいも。肌身離さずに近い感じで持ち歩き、使い倒しました。

その結果、どんな場所でも腰骨を立て、正しい姿勢を作ってくれることが体感できました。疲れをほとんど感じず、いいコンディションを保つことができました。体の調子の良さを実感できるレベルでした。

年末年始、休暇中とはいえ、帰省にともなう車の移動などで座りっぱなしになるので、腰まわりから疲れ、仕事はじめ直前にはぐったりしているパターンが常でしたが、今年はバックジョイと一緒に過ごしたことで違いました。

[adsense]

 

これは座り姿勢の癖でこれまで腰まわりにかかっていた負荷が正しい姿勢で座ることによりバランスよく分散された結果にちがいありません。

結論として、はじめて購入した1個目のバックジョイはこれまで通りオフィス用で使い続け、自宅用に2個目を購入することにしました。1個目は黒のreliefを購入したのですが、今度はposture plusを購入しました。

購入して、一週間ほどですが、二つのバックジョイを比較すると使用感としてはposture+の方がシリコン素材のためホールドする力が強い感じがします。(reliefの表面は合成繊維)

reliefは体に接するところが布のような生地である分、若干滑りやすいかな、と。正直言って、reliefを購入するさい、あまりrelief(解放)の意味を深く考えていませんでした。痛みからのrelief(解放)かな、と考えていたくらいです。実際は体から発生する熱や水分をrelief(解放)してムレを防止するためメッシュ素材を採用していることからついた名前のようです。

もし、はじめてバックジョイを購入されるならposture+の方がその効果を実感しやすいと思います。

もし、あなたに腰痛に悩まされているご家族やご友人がいましたらバックジョイについて教えてあげてください!きっと感謝されると思いますよ!

 

関連記事

  1. 姿勢矯正の試み

  2. バックジョイ(backjoy)の効果は予想以上!10年以上悩まされてい…

  3. 3つの腰痛対策とバックジョイ

  4. バックジョイ(backjoy)を腰痛対策に購入

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ