日記

ロシア語

先月、刊行予定の本の翻訳チェックの仕事を一つ終えた。これは、学部時代に割合まじめにやったドイツ語やフランス語と、留学中にちょっとだけ囓ったスペイン語の基礎が役に立った。
 また、同じ出版社の人が次の仕事を検討してみないか、ということで原著と訳書を送ってきてくれた。ロシアのロマノフ王朝に関する本で、だいぶ僕の専門とは離れているが、原著は英語なのと、近いテーマを扱った本が複数あるようで、それを資料として読んでから取り組むことにして、仕事を受けることにした。今回の本は、前の本と比べるとページ数は三分の二くらいなのにもかかわらず報酬は前回と同じ額でいいと言ってくれたのでずいぶん条件はいい。また、前回の仕事で一応作業手順はできているし、コツもつかめているので、資料さえきちんとしたものを用意できれば、自分でも納得できる仕事ができるのではないか、と考えている。
 ついでに、ちょっとロシア語の基礎の基礎くらい勉強しようと思っている。キリル語のアルファベットとその発音だけ勉強してみたが、これまで勉強したことのある言語とはずいぶんアルファベットの形もちがうし、面白い。中学時代、一緒に学校に通っていた同級生がロシア語熱に犯されていて、その時彼が使っていた「ズドラストビーチェ」とか「ハラッショー」というのをなんとなく覚えているくらいが僕のロシア語の知識である。ただ、今回も固有名詞を確認するために必要な部分を覚えるだけで、それ以上はやろうと思っていないのだけれど。まったく知らないよりはいいかな、という心持ちなのである。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 日記

    とうとう昆虫系に依頼

    このところ、動物系の業者が何度もアパートに出入りしていた。独身の時はネ…

  2. 日記

    メキシコ料理はお好き?

     来る7月21日が、僕の36歳の誕生日。ただ、その日は平日なので一足…

  3. 日記

    アナログな万年筆の手書き文字に癒される

    高校生の一時期、大人ぶって、いわゆる高級万年筆を使っていました。 p…

  4. 日記

    ユーザーの数だけ”究極の手帳”がある

     この時期、来年に向けて新しい手帳が気になっている人も多いでしょう。…

  5. 日記

    友の死を悼む

    友達からのメールでタカシ(森 敬君)が亡くなったことを知った。 タカ…

  6. 日記

    2012年もよろしくお願いいたします。 

    ご挨拶が遅くなりましたが、2012年、本年もおつきあいいただければ幸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    多摩テック
  2. イギリス大学院留学

    距離を呪う
  3. 日記

    3・11東日本地震発生翌週 セミナーの仕事
  4. 教育

    WIDE University
  5. ストーリー思考

    結局は、行動したもの勝ち
PAGE TOP