『ブドウ畑で長靴をはいて』

ひょんなことからワインの世界にのめり込み、ワイン教室を主催、フレンチ・レストランを経営しただけでは飽きたらず、フランス現地でワイン作りをはじめてしまった筆者の奮闘記。
ブドウ畑で長靴をはいて―私のロワール・ワイン造り奮闘記
自然派ワインが流行の兆しを見せているが、自然派ワイン農家の人々の苦労やこだわりは消費者である私たちにはなかなか見えにくい。本書では筆者、新井順子さんがフランス現地のブドウ畑を買い取るところから、苦労してブドウからワインを生み出していく過程が実にいきいきと描かれている。ワインに関しては素人の人間でも思わず先を急いで読んでしまうような楽しい語りくちになっているだけでなく、ワイン醸造の過程やワインの味を生み出す上での工夫なども惜しげもなく語られている。楽しみながらワイン周辺の生きた知識を手に入れる事が出来る一冊だ。
ワイン作りの世界は、僕が想像していたよりもかなり奥深いようだ。

関連記事

  1. One Book, Three Points, One Actionか…

  2. 読書を通して得た「なるほど」を実践できていますか?

  3. T. ホプキンス R. ヒルバート 『グッド・マン 幸福を引き寄せる生…

  4. 江古田文学 69号 特集 太宰治 生誕100年記念

  5. 「違いのわかるあなた」になるためにうってつけの本

  6. 「江古田文学」60号

  7. 大百科という言葉に弱かった

  8. 『罪なき囚人たち』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ