『伊那谷少年記』

勤務先の大学の講師である下原敏彦先生から直接いただいた『伊那谷少年記』を読んだ。 

あとがきに著者の実体験がこの作品の下敷きとなっていると書いてある。確かに、野生のフクロウの子供を拾って育てたエピソードなどは実体験がなければ、これほど活き活きと描写できないはずだ。

また「蜂追い」をめぐる物語も圧巻だ。この言葉「蜂追い」、始めのうちはまったく意味するところがわからないのだが、物語の進行と共にまるでよくできた謎解きのように明らかになっていく。

豊かな自然とたわむれコミュニケートしていた少年の姿を活き活きと楽しくこの作品は描いている。久しぶりに読んだフィクションだったが、非常に楽しんで読了した。

ちなみに、下原先生のweblog「土壌館 創作道場」もオープンしています。

関連記事

  1. [新訳]経験経済

  2. 雑誌「THE BIG ISSUE」を知っていますか?

  3. 失敗学のすすめ

  4. クリエイティブ・コモンズの精神を知る -『FREE CULTURE』-…

  5. 勝間勝代『目立つ力』

  6. 『罪なき囚人たち』

  7. 不透明な時代を読み解くためのバイブル 秋山隆平 『情報大爆発』

  8. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ