読書と出版

『伊那谷少年記』

勤務先の大学の講師である下原敏彦先生から直接いただいた『伊那谷少年記』を読んだ。 

あとがきに著者の実体験がこの作品の下敷きとなっていると書いてある。確かに、野生のフクロウの子供を拾って育てたエピソードなどは実体験がなければ、これほど活き活きと描写できないはずだ。

また「蜂追い」をめぐる物語も圧巻だ。この言葉「蜂追い」、始めのうちはまったく意味するところがわからないのだが、物語の進行と共にまるでよくできた謎解きのように明らかになっていく。

豊かな自然とたわむれコミュニケートしていた少年の姿を活き活きと楽しくこの作品は描いている。久しぶりに読んだフィクションだったが、非常に楽しんで読了した。

ちなみに、下原先生のweblog「土壌館 創作道場」もオープンしています。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. 読書と出版

    報道写真と対外宣伝

    報道写真と対外宣伝―15年戦争期の写真界posted with ama…

  2. 読書と出版

    『偽装するニッポン』

    中川理『偽装するニッポン』(彰国社,1996)を読んだ。 ディズニーラ…

  3. 読書と出版

    大きな結果をもたらす小さな原因にはどんなものがあるのか?

     あなたは社会を自分の手で大きく変えてみたい、と思ったり、願った…

  4. 読書と出版

    パオロ・マッツァリーノ著『つっこみ力』

    パオロ・マッツァリーノ『つっこみ力』を読んだ。メディア・リテラシーの批…

  5. 読書と出版

    Search Inside the Book

    米アマゾン、書籍の全頁検索サービス「Search Inside t…

  6. ライフハック

    【ザイガニック効果】あえて脳をざわつかせて活性化する読書術

    あなたはザイガニック効果をご存知でしょうか。「未完結な情報や途中で中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ

    別のウェブログの最近のエントリーを表示する
  2. 研究

    万国博覧会の美術
  3. イギリス大学院留学

    文献探索
  4. 広報・PR

    Powerpointと向きあう
  5. WEB

    Zen Cart インストール成功
PAGE TOP