読書と出版

『伊那谷少年記』

勤務先の大学の講師である下原敏彦先生から直接いただいた『伊那谷少年記』を読んだ。 

あとがきに著者の実体験がこの作品の下敷きとなっていると書いてある。確かに、野生のフクロウの子供を拾って育てたエピソードなどは実体験がなければ、これほど活き活きと描写できないはずだ。

また「蜂追い」をめぐる物語も圧巻だ。この言葉「蜂追い」、始めのうちはまったく意味するところがわからないのだが、物語の進行と共にまるでよくできた謎解きのように明らかになっていく。

豊かな自然とたわむれコミュニケートしていた少年の姿を活き活きと楽しくこの作品は描いている。久しぶりに読んだフィクションだったが、非常に楽しんで読了した。

ちなみに、下原先生のweblog「土壌館 創作道場」もオープンしています。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…

関連記事

  1. 平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

    読書と出版

    平野 敦士 カール 『新・プラットフォーム思考』

      この本の著者はミスター「オサイフケータイ」として海外でも評価が高い…

  2. 読書と出版

    『芸術・メディアの視座』刊行

    全体としては、大学学部・専門学校などで広く教科書や入門書として使えるよ…

  3. 読書と出版

    いつも『「原因」と「結果」の法則』がそばにあった

     100ページに満たない短い翻訳書で、さらりと読んでしまいました。…

  4. 読書と出版

    自己資金なしで著書出版

    本日付の日経新聞を読んでいたら、学校アルバムのマツモトが自己資金がな…

  5. 読書と出版

    報道写真と対外宣伝

    報道写真と対外宣伝―15年戦争期の写真界posted with ama…

  6. 読書と出版

    クリエイティブ・コモンズの精神を知る -『FREE CULTURE』-

     ローレンス・レッシグ 著 『FREE CULTURE』(翔泳社、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 研究

    Clockersに関するメモ
  2. 読書と出版

    失敗学のすすめ
  3. イギリス大学院留学

    失敗
  4. 文章術

    「反論」を味方にして文章の説得力を高めよう
  5. 日記

    ケチャップ
PAGE TOP