イギリス大学院留学

帰国までカウントダウンの日々

spring_has_come.jpgイギリス、バーミンガムでの滞在期間が既に一週間を切った。
昨日、宅配業者が身の回りの荷物を引き取りに来て、部屋がずいぶん簡素な感じになった。
 午後、指導教授Dr.Lewisと最終ミーティング。論文の章立て、日本に戻ってからの研究環境作りなどについて話し合った。帰国後はメールにて指導を受けたり、連絡を取り合ったりすることになる。
 まだまだ天気は不安定だが、時々あたたかい春の優しい風を感じることもある。
 キャンパスには黄色い水仙がたくさん咲き始め(けっこう人の手によって最近植えられたものも多いのだが)春の演出に一役買っている。
 あとは木曜日のファイナル・プレゼンテーションを残すのみ。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. ストーリーは「心」を動かすための演出
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    到着

    バーミンガムを僕の奥さんが初めて訪れる。彼女を出迎えるためにバーミン…

  2. イギリス大学院留学

    Chicken Tikka Masara

    朝起きてから、久しぶりに落ち着いて読書をする。デスク・ランプがないが、…

  3. イギリス大学院留学

    アメリカ研究科訪問

    午前中は、再び時計塔の近くの建物の荘厳な会場、その名もGreat Ha…

  4. イギリス大学院留学

    メッセンジャーで天気を確認する習慣

    これはyahoo!Messengerの地域の天気表示画面。メッセンジャ…

  5. イギリス大学院留学

    運河沿いを線路が走る

      午前中より電車に乗ってバーミンガムのシティー・センターへ。昨晩は日…

  6. イギリス大学院留学

    歓迎式典

    今回の留学のスポンサーであるロータリー財団の地区歓迎式典に参加してきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    記憶をめぐる「3の法則」をマーケティングに応用すると………
  2. 日記

    2013年もよろしくお願いいたします
  3. English/英語

    これだけは押さえておきたい!学習効果を最大限に高めるための5つのポイント:英語学…
  4. 教育

    J-Front Vol.2 「時刻は午後4時」を読む
  5. 教育

    ジャーナリズム論2(第四回)
PAGE TOP