イギリス大学院留学

帰国までカウントダウンの日々

spring_has_come.jpgイギリス、バーミンガムでの滞在期間が既に一週間を切った。
昨日、宅配業者が身の回りの荷物を引き取りに来て、部屋がずいぶん簡素な感じになった。
 午後、指導教授Dr.Lewisと最終ミーティング。論文の章立て、日本に戻ってからの研究環境作りなどについて話し合った。帰国後はメールにて指導を受けたり、連絡を取り合ったりすることになる。
 まだまだ天気は不安定だが、時々あたたかい春の優しい風を感じることもある。
 キャンパスには黄色い水仙がたくさん咲き始め(けっこう人の手によって最近植えられたものも多いのだが)春の演出に一役買っている。
 あとは木曜日のファイナル・プレゼンテーションを残すのみ。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    mindmanagerでレジュメ作成

     プレゼンテーションの準備として、ブレイン・ストーミングから発表用の…

  2. イギリス大学院留学

    バルチでお別れ

    帰国が近いということで簡単なお別れパーティーを近所のバルチ・レストラン…

  3. イギリス大学院留学

    orkut+skype

    orkut。招待してもらえないと参加できないサービスということだったの…

  4. イギリス大学院留学

    Lord Mayor

    夕方から、ロータリークラブのイヴェントで、他の奨学生と一緒にシティー・…

  5. イギリス大学院留学

    ストに突入

    僕の所属するバーミンガム大学のアメリカ・カナダ研究科(つまり大学院)…

  6. イギリス大学院留学

    テレビが到着

      部屋でエッセイに集中していると電話が鳴った。ジョンからだった。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 映画・写真・音楽

    変わる音楽コンテンツ消費スタイル
  2. 文章術

    MECE(モレなくダブリなく!)を活用するための3つの切り口
  3. 研究

    意志決定者と遂行者の乖離
  4. イギリス大学院留学

    テレビが到着
  5. 文章術

    論理的に書き、話すための型(フレームワーク)を知ろう
PAGE TOP