イギリス大学院留学

mindmanagerでレジュメ作成

anniehall.jpeg
 プレゼンテーションの準備として、ブレイン・ストーミングから発表用のスクリプトまでmindmanagerを使って行うと、かなりスムースに行く。これは、これまでに何度かやってみて確認済み。
 今回、一通りの準備を終えてから(つまり発表用のマインド・マップが完成してから)mindmanagerに付属しているマインド・マップをwordドキュメント形式で出力する機能を試してみた。できあがったファイルの中身を見て、これが期待していた以上にうまくできていることに気がついた。ごく普通の箇条書きのレジュメができあがってきたからだ。


マインド・マップでブレイン・ストーミングを行ったり、スクリプトを作ってもそれをそのまま配布するわけには行かない。マインド・マップ自体は初めて目にした人でもすぐにその考え方は理解できるとは思うが、プレゼンテーションの時間は限られているので、マインド・マップに関して質問を受けたり、説明をしたりするような事態は避けたい。mindmanagerのマインド・マップをwordドキュメント化する機能は、そういった意味では気が利いている。
 実際に、mindmanegerがはきだしたwordドキュメントに簡単な若干の修正を加えただけでレジュメができた。修正というのは、発表を聞く者に不要だと思われる情報を削っただけ。
 powerpointファイルもmindmanagerは書いた・マインド・マップから作ってくれるが、これは実用可能かどうかは今後の検討課題だ

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  3. ストーリーは「心」を動かすための演出
  4. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…

関連記事

  1. イギリス大学院留学

    運河沿いを線路が走る

      午前中より電車に乗ってバーミンガムのシティー・センターへ。昨晩は日…

  2. イギリス大学院留学

    文献探索

    大学の図書館で学期末エッセイの資料になる本を探す。本の情報自体は、フラ…

  3. イギリス大学院留学

    ナンを作る

     このセメスターはGuided Readingという、自分が読んだ本に…

  4. イギリス大学院留学

    ディズニーをめぐる強迫観念

     帰国が迫っているので、お土産などの買い出しにシティー・センターへ。 …

  5. イギリス大学院留学

    バーミンガム訛り

    バーミンガムがけっこう訛りが強い地域であることは日本にいるときから情…

  6. イギリス大学院留学

    アリストテレスは大男

     今回、ヨーロッパに留学しているんだな、と感じさせられるささやかなこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イギリス大学院留学

    Lord Mayor
  2. 教育

    ジャーナリズム論2(第四回)
  3. ブログ

    パーソナル・メディアの多様性
  4. 日記

    30の誕生日、埼玉県民ライフ、イタリアン
  5. 研究

    英語論文の検索
PAGE TOP