ストーリー思考

ストーリーに深みを持たせるには?

deepnessあなたが自分で語るストーリーに深みを持たせたいと
思ったらどうすればいいでしょうか。

いくらあなたが努力してストーリーを語っても
それが薄っぺら、表面的なもの、深みがない……
そんな印象を受け手に持たれれば、
ストーリーの効果は半減してしまいます。

しかし、ストーリーに深みを出すと言っても具体的にどうすれば……

急にそんなことを言われても、ピンとこない、
という人の方が多いのではないでしょうか。

そんな時は「過去」、
別の言い方をすれば「歴史的要素」をあなたのストーリーに注入しましょう。

わかりやすくするために次を比較してみましょう。

・現在のことだけにフォーカスしたストーリー

・過去や歴史的事実に言及しつつ現在を語るストーリー

あなたは、どちらから説得力や深みを感じるでしょうか?

圧倒的に後者ではないでしょうか。

現在のみにフォーカスしたストーリーは「点」を語っていることになります。
点からは深みが感じられませんね。

過去や歴史の流れのと関連づけて現在を語ったストーリーなら
「線」を語ることになります。

その「線」上には過去と現在の対比、遠近法が成立します。

それがストーリーの深みを増すスパイスになるのです。

もう少し具体的に見てみましょう。

サンプル文(A) 私が関わったAプロジェクトは2011年11月に成功裏に終了した。【現在のみ】

サンプル文(B) 私が関わったAプロジェクトは2011年11月に成功裏に終了した。このプロジェクトを発案・企画した2009年7月、上司への理解はまったく得られなかった。正直なところ、ほとんど無視された形に近かった。しかし、私はこの企画をどうしても実現させたかった。そこで企画案に修正を重ね、最終的にゴーサインが出たのは約半年近くたった同年12月のことだった……【現在+過去】

サンプル文(A) は、単なる事実の記述ですが、
サンプル文(B) のように過去に言及することで、ぐっとストーリー性が高まります。

話に深みも出ますし、読み手を「感情移入させる力」も高まります。

サンプル文(A) の中身についてまったく興味がわかなかったあなたも、
サンプル文(B) を読むと、どんなプロジェクトで
この先どんなプロセスがあって成功にこぎ着けたのか、
そんな興味がわいてくるのではないでしょうか。

LINK

「物語力」で人を動かせ!

したがって、あなたのストーリーに深みを持たせたいと思ったら、
「過去」や「歴史」をあなたのストーリーに注入してみて下さい。

丁寧にそれを語れば、深みが出るだけでなく、
読み手を感情移入に誘い、共感、感動させる効果も期待できるのです。

ぜひ、お試しあれ。

ピックアップ記事

  1. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  2. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. ストーリー思考

    ストーリーを活用すれば仕事が楽しくなる

    働き方が問題や議論の対象となっています。長時間労働、サービス残業、さら…

  2. ストーリー思考

    ストーリーの視点からプレゼン・コンサル

    先日、某大企業の元社長さんで現在はコンサルタントとして活躍されている…

  3. ストーリー思考

    ハッピーエンドを鮮明にイメージしてワクワクしながら仕事に取り組もう!

    はじめにあらゆるビジネス・シーンにおいて適用可能で、なおかつ大きな効果…

  4. ストーリー思考

    日常のコミュニケーションにストーリーを!

    今回は日常のコミュニケーションにストーリーを 導入するメリットについて…

  5. ストーリー思考

    あなたは何にフォーカスして毎日を過ごしていますか?

    あなたは何にフォーカスして毎日を過ごしていますか?何にあなたが…

  6. ストーリー思考

    ストーリーは「心」を動かすための演出

    コミュニケーションとは、感情を伝達することである。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 日記

    東北地方太平洋沖地震発生当日の動静
  2. 日記

    EDO WONDERLAND日光江戸村は日本文化を楽しく体験できるテーマパーク!…
  3. イギリス大学院留学

    イギリスの天気
  4. 読書と出版

    『芸術・メディアの視座』刊行
  5. ブログ

    パーソナル・メディアの多様性
PAGE TOP