ストーリー思考

ストーリーに深みを持たせるには?

deepnessあなたが自分で語るストーリーに深みを持たせたいと
思ったらどうすればいいでしょうか。

いくらあなたが努力してストーリーを語っても
それが薄っぺら、表面的なもの、深みがない……
そんな印象を受け手に持たれれば、
ストーリーの効果は半減してしまいます。

しかし、ストーリーに深みを出すと言っても具体的にどうすれば……

急にそんなことを言われても、ピンとこない、
という人の方が多いのではないでしょうか。

そんな時は「過去」、
別の言い方をすれば「歴史的要素」をあなたのストーリーに注入しましょう。

わかりやすくするために次を比較してみましょう。

・現在のことだけにフォーカスしたストーリー

・過去や歴史的事実に言及しつつ現在を語るストーリー

あなたは、どちらから説得力や深みを感じるでしょうか?

圧倒的に後者ではないでしょうか。

現在のみにフォーカスしたストーリーは「点」を語っていることになります。
点からは深みが感じられませんね。

過去や歴史の流れのと関連づけて現在を語ったストーリーなら
「線」を語ることになります。

その「線」上には過去と現在の対比、遠近法が成立します。

それがストーリーの深みを増すスパイスになるのです。

もう少し具体的に見てみましょう。

サンプル文(A) 私が関わったAプロジェクトは2011年11月に成功裏に終了した。【現在のみ】

サンプル文(B) 私が関わったAプロジェクトは2011年11月に成功裏に終了した。このプロジェクトを発案・企画した2009年7月、上司への理解はまったく得られなかった。正直なところ、ほとんど無視された形に近かった。しかし、私はこの企画をどうしても実現させたかった。そこで企画案に修正を重ね、最終的にゴーサインが出たのは約半年近くたった同年12月のことだった……【現在+過去】

サンプル文(A) は、単なる事実の記述ですが、
サンプル文(B) のように過去に言及することで、ぐっとストーリー性が高まります。

話に深みも出ますし、読み手を「感情移入させる力」も高まります。

サンプル文(A) の中身についてまったく興味がわかなかったあなたも、
サンプル文(B) を読むと、どんなプロジェクトで
この先どんなプロセスがあって成功にこぎ着けたのか、
そんな興味がわいてくるのではないでしょうか。

LINK

「物語力」で人を動かせ!

したがって、あなたのストーリーに深みを持たせたいと思ったら、
「過去」や「歴史」をあなたのストーリーに注入してみて下さい。

丁寧にそれを語れば、深みが出るだけでなく、
読み手を感情移入に誘い、共感、感動させる効果も期待できるのです。

ぜひ、お試しあれ。

ピックアップ記事

  1. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. ストーリー思考

    ストーリーでプロジェクト推進力をアップ

    先日、少し動きが遅く、停滞気味のプロジェクトが あったのでストーリーの…

  2. ストーリー思考

    ダメ出しされました

    ■ある「商品開発ストーリー」をめぐって先日、とある企業の商品開発担当…

  3. ストーリー思考

    KINCHOの脱力系ストーリーブランディング

    先日の土曜日の朝、行きつけのファミレスで新聞を読んでいて、ふと目を留め…

  4. ストーリー思考

    ストーリー性のある詞を歌うバンドといえば……

    いろんなタイプのミュージシャンがいますが、日本でストーリー性のある詞を…

  5. ストーリー思考

    不可視のバッジの持つ力

    はじめに同じ仕事やプロジェクトに取り組んでいても、そのメンバー同士…

  6. ストーリー思考

    シュガーコーティング・メソッド:相手に配慮した伝え方をする工夫

    考えをそのまま言葉にして相手に伝えて、うまくいく場合とそうでない場合が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. デザイン

    ポスターデザインを行いました SonicTrain in トリエンナーレ
  2. 広報・PR

    二度目のプレスリリース配信、音楽プロモーション企画の進展
  3. 読書と出版

    大百科という言葉に弱かった
  4. ストーリー思考

    ストーリーの視点からプレゼン・コンサル
  5. 広報・PR

    枝野官房長官のクライシス・コミュニケーション
PAGE TOP