文章を積極的に図で補う

banner_design.jpg
書いた文章の趣旨を読者に具体的につかんで欲しい。
sinalio20090218.jpg
そうしたときは、積極的に作図して文章に添えることが有効だと思っています。


現在、「江古田文学」の連載原稿(第7回)の校正作業に入っています。 上と下の図はその挿絵としてIllustratorを用いて自分で作図したものです。
言葉だけでは、イメージを持ってもらいにくいと思ったら積極的に図を添えてみる。一手間かけることで、伝わりやすくなるなら、その手間を惜しむべきではないと考えています。
target_insight20090217.jpg
効果的な図を添えることができたな、という場合はそれなりにプラスの反響やフィードバックを受ける機会が増える気がしています。

関連記事

  1. 奇抜なデザインの椅子

  2. 「伝わる」デザインの難しさ

  3. デザインに重宝する日本語フリーフォントのまとめ

  4. Opus-Medium Ecological Ritornello

  5. ピクトグラム素材を無料で入手できるサイト まとめ

  6. WEB2.0風のグラデーション・スキーム

  7. Illustratorトレーニングブック

  8. プロが教える写真レタッチ講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ