デザイン

文章を積極的に図で補う

banner_design.jpg
書いた文章の趣旨を読者に具体的につかんで欲しい。
sinalio20090218.jpg
そうしたときは、積極的に作図して文章に添えることが有効だと思っています。


現在、「江古田文学」の連載原稿(第7回)の校正作業に入っています。 上と下の図はその挿絵としてIllustratorを用いて自分で作図したものです。
言葉だけでは、イメージを持ってもらいにくいと思ったら積極的に図を添えてみる。一手間かけることで、伝わりやすくなるなら、その手間を惜しむべきではないと考えています。
target_insight20090217.jpg
効果的な図を添えることができたな、という場合はそれなりにプラスの反響やフィードバックを受ける機会が増える気がしています。

ピックアップ記事

  1. 日常のコミュニケーションにストーリーを!
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. ストーリーは「心」を動かすための演出

関連記事

  1. デザイン

    奇抜なデザインの椅子

    あなたは知っているだろうか。 座面が真ん中から真っ二つに分かれた椅子…

  2. デザイン

    ベストデジタルデザイナー国際招待展

    4月26日に慶煕大学(韓国)で行われる「ベストデジタルデザイナー国際…

  3. デザイン

    音楽と映像によるハレとケのエコロジー

    僕が所属する芸術メディア研究会のメンバーの一部によって構成され…

  4. デザイン

    CMYKとRGB

    僕の場合、職場では印刷物を作る機会が多く、それ以外ではWEB製作が多…

  5. デザイン

    WEB2.0風のグラデーション・スキーム

    ◇ Ultimate Web 2.0 Gradients - FRE…

  6. デザイン

    トイカメラ風に写真を加工

    LomoやHolgaなどのトイカメラに対する興味は年々高まっていくが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 教育

    WIDE University
  2. 研究

    都市のヴィジュアル・イメージ
  3. 読書と出版

    One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  4. 日記

  5. 日記

    ゴールンウィーク2014: 高崎観音、焼きまんじゅう、まわり寿司
PAGE TOP