デザイン

文章を積極的に図で補う

banner_design.jpg
書いた文章の趣旨を読者に具体的につかんで欲しい。
sinalio20090218.jpg
そうしたときは、積極的に作図して文章に添えることが有効だと思っています。


現在、「江古田文学」の連載原稿(第7回)の校正作業に入っています。 上と下の図はその挿絵としてIllustratorを用いて自分で作図したものです。
言葉だけでは、イメージを持ってもらいにくいと思ったら積極的に図を添えてみる。一手間かけることで、伝わりやすくなるなら、その手間を惜しむべきではないと考えています。
target_insight20090217.jpg
効果的な図を添えることができたな、という場合はそれなりにプラスの反響やフィードバックを受ける機会が増える気がしています。

ピックアップ記事

  1. ストーリーは「心」を動かすための演出
  2. One Book, Three Points, One Actionから始めよう…
  3. 相手にアクションを求めるなら「失敗談」と「成功談」をセットにしたストーリーを伝え…
  4. 日常のコミュニケーションにストーリーを!

関連記事

  1. デザイン

    プロが教える写真レタッチ講座

    プロが教える写真レタッチ講座photoshopの使い方をwebで検…

  2. デザイン

    Opus-Medium Ecological Ritornello

    10月13日(金)、僕が所属している芸術メディア研究会のメンバー(小川…

  3. お役立ちサイト/サービス

    Illustratorで地図作成に役立つサイト まとめ

    仕事がらみで以前作った地図のできばえがあまり気に入っていませんでした。…

  4. お役立ちサイト/サービス

    デザインに便利なベクター素材サイト まとめ

    ベクター素材を応用すれば、実質絵が描けなくともけっこうデザインできる…

  5. デザイン

    WEB2.0風のグラデーション・スキーム

    ◇ Ultimate Web 2.0 Gradients - FRE…

  6. デザイン

    日本語入力に集合知を活用する

    僕の場合、文章を執筆するさい、一番お世話になっているのがATOKです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 読書と出版

    『ブドウ畑で長靴をはいて』
  2. 日記

    Creature Thought Extinct Found in Cuba
  3. 日記

    誇張報道
  4. 日記

    社会保険事務所へ
  5. 日記

    雑誌「月刊店舗」 4月号
PAGE TOP