研究

  1. 『カルチュラル・スタディーズ入門』

    著者は、クイーンズランド大学教授で『カルチュラル・スタディーズ』誌の編集人である。英国でのカルチュラル・スタディーズ(以下CSと略す)の発展(発見)やCSの主要…

  2. 「複製技術の時代における…」

    ヴァルター・ベンヤミン「複製技術の時代における芸術作品 1936」『複製技術時代の芸術』(編集解説 佐々木基一,1999)収録pp8~49)を読んだ。20世紀…

  3. 米大学で「白人学」相次ぐ開設

    Good Bye Internet .comさんのところで知ったのだが、韓国の 『中央日報』(日本語版) に、タイトルのような記事が紹介されている。実際の記事は…

  4. Cultural Typhoon(Day 2)

     左からペラソヴィッチ、浅見、上野氏     第一回「CULTURAL TYPHOON」の二日目。午前中のセッションで僕が参加したのは「テレビ・ジャンル…

  5. Cultural Typhoon(Day 1)

    早稲田大学、教育学部棟で行われている第一回「CULTURAL TYPHOON」の一日目。午前中のセッションの途中から参加。「カルチュラル・タイフーン」は、カルチ…

  6. CSについて

     此経教授の学部生のゼミの一つで、40分くらい時間をいただいて「カルチュラル・スタディーズについて」というトピックで話をさせてもらった。学部一年生のゼミで、カル…

  7. 意志決定者と遂行者の乖離

    イラクに対する武力攻撃が開始された。正確には昨日から。最強の軍事力を背にしても、前線にいるアメリカ兵は生物化学兵器の危機に怯えているはずである。 戦争開始の判…

  8. テロとの戦い?

    アメリカという国は現代の地球や人類にとって、ひどく厄介な存在かもしれない。今、米英を中心としたイラク攻撃が現実味を日に日に増してきている。アメリカの主張はこう…

フォローして更新情報を取得



follow us in feedly
  1. 研究

    JAP Road?
  2. 研究

    カルチュラル・スタディーズ: イントロ(1)
  3. WEB

    身近な著作権
  4. コミュニケーション

    情報を二つのカテゴリーに区別しタイミングを使い分けよう
  5. 読書と出版

    中原中也賞
PAGE TOP